自毛植毛による腫れ

自毛植毛による腫れについて

どんな方法で自毛植毛の治療を受けたとしても医療行為である以上、頭皮やまぶたといった部位が腫れる可能性があります。

 

腫れ方には個人差が生じているので一概には説明できないものの、ドナー採取部位や植毛部位が膨らんで違和感が生じることがあるのです。

 

このような説明を受けると、「自毛植毛は危険な治療なのではないか?」と考えるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

 

頭皮やまぶたの腫れは皮膚が一時的にダメージを受けた時に引き起こされる現象で、術後4日目から5日目にかけてピークとなり、その後1週間以上が経過すれば自然とおさまっていきます。

 

どんな自毛植毛の治療でも施術中に患者さんが痛みで苦しまないように麻酔を打ち、その影響で頭皮やまぶたにダメージが生じることが大きな原因です。

 

患部が腫れているからといって無闇に触って刺激を加えると余計に症状が悪化するかもしれないので、ヘアバンドをしたり枕を高くして寝たりと少しでも軽減できるような処置を施しましょう。

 

患部に刺激を加えないようにしていれば、自毛植毛の術後に腫れ上がっていつまでも治らないという状態に陥ることはなく、自然と元の状態へと戻っていきます。

 

このサイトでご紹介しているTOMクリニック美容外科であれば、予想だにしないような腫れといった症状が引き起こされたとしても、症状を軽減するためのサポートを徹底的に行ってくれるはずです。

 

自毛植毛のエキスパートを集めており、安全な施術を患者さんに提供している医院なので、薄毛の悩みを今直ぐに解決するためにもTOMクリニック美容外科の無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、現在クリニックで一般的に行われている薄毛の治療の一つが自毛植毛で、自分の髪の毛を脱毛した部分に移植することで本来のフサフサの状態へと時間をかけて導いてくれます。

 

自分の髪の毛を別の場所に移すという治療なので、自毛植毛の術後に腫れが引かないというケースは基本的にないのです。

 

しかし、以前まで頻繁に行われていた人工毛植毛は、異物を自分の頭皮に植え付けるような施術なので、当然のように頭皮やまぶたの腫れが引き起こされるリスクは高まります。

 

目が開かないほどまぶたが腫れてしまった患者さんもおり、副作用と後遺症のリスクが高い施術だと言えるかもしれません。

 

しかも、数年が経過すれば人工毛は自然と抜け落ちてしまうため、クリニックでの治療は人工毛植毛ではなく自毛植毛を選択するようにしましょう。


「自毛植毛のトラブル」に関するページ