自毛植毛による炎症

自毛植毛による炎症について

薄毛の治療の自毛植毛を行うと頭皮が炎症を引き起こす可能性があると言われておりますが、その心配は特にありません。

 

頭皮の炎症は自分の身体に侵入した異物をやっつけるための免疫機能の過剰反応のことを指し、自毛植毛では自分の髪の毛を植えつけるためそのリスクが非常に少ないのです。

 

もちろん、自毛植毛もクリニックで行われる医療行為の一環ということで、絶対に炎症が引き起こされないと約束するのは難しいと言えます。

 

それでも、以前まで行われていた人工毛を脱毛部位に植えつける人工毛植毛よりも、遥かに自毛植毛の方が安全性が高いのは事実です。

 

人工毛として自然のものを使っていたとしても、身体にとっては異物と変わらないため、個人の体質によっては拒絶反応が引き起こされることがあります。

 

身体にとっては病原菌と同じ扱いになるため、人工毛を何とかして外に追い出そうとしますし、手術では抜けにくいように頭皮の深部まで差し込めば、切れ毛が皮膚の中に入り込んで炎症や化膿を引き起こすという仕組みです。

 

炎症が酷い場合は周囲に広がり、人工毛を植えつけた部分だけではなく自毛の毛穴まで巻き込むことがあるので、危険性の高い治療だと言えるのではないでしょうか。

 

このようなリスクがあることから、植毛先進国と言われているアメリカでは人工毛植毛が禁止されるようになりました。

 

日本では頭皮の炎症を引き起こすこの治療はまだ行われているものの、当サイトでご紹介しているTOMクリニック美容外科では自毛植毛だけしか実施されていないのでその心配はないはずです。

 

術後に頭皮に違和感があったとしても、アフターフォローまできちんと面倒を見てくれるので、自毛植毛の手術はTOMクリニック美容外科で受けるようにしてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、人工毛植毛では頭皮が炎症を引き起こし思わぬトラブルが引き起こされるリスクがあるものの、自毛植毛であればその心配はありません。

 

遥かに安全性の高い治療法だからこそ、日本だけではなく海外でも自毛植毛は支持されているのです。しかし、クリニックによる治療ではなく、別の原因で頭皮の炎症が引き起こされている場合があるので注意が必要となります。

 

基本的に、頭皮の炎症は日常生活に起因しているケースが多く、洗浄力の強いシャンプーを使いすぎていたり紫外線を必要以上に浴びていたりと、様々な要因が考えられるのです。

 

これらの外的要因によって頭皮がダメージを受けて炎症を起こし、脂漏性皮膚炎を中心とした皮膚疾患を呼び起こすことも十分にあり得るので、抜け毛や薄毛を予防するためにも早めに対策を練った方が良いでしょう。

 

元々肌質の弱い方は炎症のリスクも上がるので、市販で販売されている硫酸系を主成分とした高級アルコール系シャンプーではなく、肌に優しいアミノ酸系シャンプーやノンシリコンシャンプーを使うようにしてください。


「自毛植毛のトラブル」に関するページ