自毛植毛による円形脱毛症

自毛植毛による円形脱毛症について

自毛植毛の治療を行ったことが原因で円形脱毛症を引き起こすことは絶対にないので、安心して施術をクリニックで受けることができるはずです。

 

円形脱毛症とは頭皮に小さなコイン状のものから広範囲の脱毛が引き起こされる病気のことを指し、年齢や性別に関わらず発症する可能性があります。

 

数ヶ月で完治する方がいれば数年に渡って治療を続けても変化がない方もおり、15歳以下で発症する円形脱毛症が全体の25%を占めているという特徴があるのです。

 

未だに全てのメカニズムが解明されたわけではありませんが、遺伝やストレス、自己免疫疾患といった原因が有力視されているので、自毛植毛が引き金となって生じることはありません。

 

これらの原因の中でも自己免疫疾患の可能性が高いと考えられており、免疫システムの異常によって皮下脂肪の下に位置している自己抗原をTリンパ球が攻撃し、脱毛が生じるという仕組みになっております。

 

体質的に円形脱毛症になりやすい方は、一度完治したとしても一定の潜伏期間を経て再発する場合もあり、自毛植毛が原因にはなり得ないことがお分かり頂けるはずです。

 

確かに、自毛植毛は高い費用を支払って受ける施術ということで、安全性の高さを気にするのは不思議ではないため、当サイトでご紹介しているTOMクリニック美容外科をおすすめします。

 

この医院では熟練の医師しか在籍しておらず、メスを使わない治療が行われているのでどのクリニックよりも身体に加わる負担が少なくて済むのです。

 

自毛植毛によって円形脱毛症を発症することはないので、まず最初にTOMクリニック美容外科で無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、「円形脱毛症の方は自毛植毛の治療を受けられるの?」という質問をされる方がいらっしゃいます。

 

1年以内に自然治癒するケースが多く、完治したのであれば脱毛部位を補うために髪の毛を植えつける自毛植毛の治療は行えるはずです。

 

しかし、原因が分かっていない方は脱毛部分に髪の毛を植えても、自己免疫疾患によってその部位も攻撃対象となり、治療が成功しても抜け毛が引き起こされるので意味がありません。

 

どんな体質の方でも部分的な自毛植毛は可能ですが、円形脱毛症の原因が分かっていないのにも関わらず治療を受けても直ぐに抜け落ちる可能性があるため、原則的にクリニックの医師から反対されるはずです。

 

もし、円形脱毛症だということを医師に告げ、自毛植毛の治療を勧めるクリニックがあったとしたら確実に悪徳な業者なので、直ぐにお断りした方が良いでしょう。

 

自分の髪の毛が無駄になる可能性が高いということで、円形脱毛症の方は自毛植毛ではなく人工毛植毛を選択することが多くなっております。

 

しかし、自毛植毛と比べて危険性の高い治療ですし、ただ頭皮にダメージが加わるだけという結果になるかもしれないので、円形脱毛症に関わらず人工毛植毛は選択しないようにしてください。


「自毛植毛のトラブル」に関するページ