自毛植毛後のダウンタイム

自毛植毛後のダウンタイムについて

自毛植毛の治療法によっては、施術から回復するまでの期間のことを指すダウンタイムが長くなるため、事前に確認しておかなければなりません。

 

以前まで主流だったストリップメソッドは、メスを使って後頭部からドナーを採取し縫縮するという手順が取られるので、傷跡が一定期間の間に渡って頭皮に形成されてしまいます。

 

この傷の影響でダウンタイムが長くなり、「採皮部分の傷口」「植毛部位の腫れ」「植毛部位のかさぶた」といったリスクが生じるのです。

 

しかし、ARTAS(アルタス)といったクリニックではメスを使用せず、高度なデジタル画像処理を行うことでドナーを採取する治療が行われているので、術後の回復が早くダウンタイムが短いというメリットがあります。

 

場合によっては採取箇所に小さなかさぶたが形成されたり、腫れが生じたりというトラブルが引き起こされるかもしれませんが、どんな症状でも長期間に渡って続くことはないはずです。

 

数日間が経過すれば気にならなくなりますし、ARTAS(アルタス)は最新のテクノロジーを使って質の高いドナーを採取できる自毛植毛が行われているので、満足のいく結果になるのではないでしょうか。

 

当サイトでご紹介しているTOMクリニック美容外科ではこの方法による自毛植毛が実施されており、ドナーの切断率を大幅に下げることができます。

 

1回の治療のダウンタイムも短く、身体への負担を最小限に抑えられるので、TOMクリニック美容外科で無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、ダウンタイムの短い安全な自毛植毛の治療でも、縫合部位に痛みや突っ張り感を覚えることがあり、手術が失敗に終わったのではないかと不安になるかもしれません。

 

しかし、頭皮の痛みや痺れといった違和感は自然と解消されていきますし、医師からは鎮痛剤が処方されるので用量を守って服用していれば日常生活に支障を来たすことはないはずです。

 

麻酔の影響による腫れやむくみといった症状も同じで、数日経てば気にならなくなりますし、シャンプーやドライヤーも手術が終わってから48時間が経過すれば普段と同じように使用できます。

 

とは言え、アフターケアの方法に関しては自毛植毛の治療によって大きく異なるため、どのような対処を行えば良いのか分からないのであれば、事前に治療を受けるクリニックの医師に相談しておくべきです。


「自毛植毛のトラブル」に関するページ