自毛植毛による知覚障害

自毛植毛による知覚障害について

歯の知覚過敏で悩まされている方は意外と多く、歯ブラシの毛先が触れたり冷たい飲み物を飲んだりしてキーンとしみる症状を指します。

 

年齢や性別に関わらず引き起こされる可能性があり、日本人の3人に1人は経験したことがあるとデータが出ていました。

 

この知覚障害は何も歯だけに引き起こされる症状ではなく、自毛植毛後に生じる可能性も十分にあります。

 

自毛植毛の際にはドナーを採取するために移植孔をあけ、その際に細い知覚神経が切断されるので術後に痺れのような症状を訴える患者さんが多いのです。

 

 

  • ビリビリと痺れている
  • 頭皮がピリピリとした感じになっている
  • 頭皮の感覚があまり残っていない
  • 術後から数日間は違和感がある

 

 

上記のように個人によって症状には違いが生じているものの、歯の知覚過敏と同じような状態に陥る可能性はあるのは事実です。

 

これは医師の腕によって決まるわけではなく、自毛植毛を受けた患者さんならば誰にでも引き起こされる可能性があるので仕方ありません。

 

しかし、頭皮の知覚障害はあくまでも一時的な症状なので、時間の経過によってだんだんとおさまっていきます。

 

それに、当サイトでご紹介しているTOMクリニック美容外科で手術を受ければ、技術力の高い医師が在籍しているので副作用や後遺症のリスクを抑えられるのではないでしょうか。

 

世界15ヶ国で取り入れられている切らない自毛植毛のARTASがTOMクリニック美容外科の特徴で、どの医療機関よりも安い費用で受けられます。

 

AGAによる薄毛の悩みを抱えている男性は、まずは無料カウンセリングを受けて専門医へと相談してみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、自毛植毛の知覚障害がおさまる時期に関しては個人差があります。

 

頭皮へと加わる影響は皮膚の状態や個人の肌質によって異なるため、知覚障害からの回復期間にも違いが生じているのです。

 

しかし、どんなに長くても1ヶ月から2ヵ月後には自然と良くなっているはずですし、医師の指示に従ってアフターケアを行っていれば移植毛が抜け落ちる心配もありません。

 

頭皮の痺れが気になるからといって無闇に患部を触っていると黴菌が付着し、炎症や化膿といった症状に繋がりやすいので気にし過ぎない方が良いのです。

 

正しいアフターケアが自毛植毛では最も大事だと考えられているので、どのような処置を自宅で行えば良いのか手術を受けたクリニックの医師に伺ってみてください。


「自毛植毛のトラブル」に関するページ