自毛植毛のトラブル

自毛植毛のトラブルについて

自分の後頭部や側頭部といった部位の髪の毛を脱毛部位に移植する自毛植毛は安全性が非常に高く、トラブルが引き起こされることは基本的にありません。

 

自分の髪の毛を別の場所に移動させるようなイメージなので、副作用のリスクも特になく、どんな体質の方でも安心して受けることができます。

 

実際に、引き起こされるトラブルが少ないということで、自毛植毛は世界で注目されている薄毛の治療法で、欧米では日本よりも積極的に行われているのです。

 

育毛の効果だけに着目してみれば、どの方法よりも自毛植毛は優れているので、高い費用がかかるとしてもこれから治療を受ける方はどんどん増えていきます。

 

一方で、人工的に作った髪の毛を脱毛部位に移植する人工毛植毛は自毛植毛よりも危険度が高く、様々なトラブルの元凶となるので十分に注意した方が良いでしょう。

 

現在、人工毛植毛を実施しているクリニックは少ないものの、どのような弊害が引き起こされるのか下記で確認しておくべきです。

 

 

  • 異物を頭皮に植えるため感染症を引き起こす
  • 人工毛が抜けないまま感染が続く
  • アイスピックで刺されたような傷跡が頭皮に残る
  • 拒絶反応によって炎症や化膿が生じる
  • 手術の麻酔の影響で吐き気が生じる
  • 一定期間を経て付け根部分から切れて炎症の原因となる
  • 頭皮全体が硬くなって抜け毛が生じやすくなる
  • 定期的に植毛治療を受けなければならずその度に負担が加わる

 

 

全ての方が引き起こすというわけではありませんが、人工毛植毛の場合はこのようなトラブルの可能性があります。

 

クリニックで自毛植毛を受けるようにすればこのようなトラブルは未然に防げるので、人工毛植毛を選択しない方が良いことがお分かり頂けるはずです。

 

とは言え、自毛植毛でも100%安全というわけではなく、麻酔を使用する点では変わりないため、吐き気やむくみといったトラブルで悩まされるかもしれません。

 

しかし、どのような症状でも基本的に一時的な症状なので、自然と解消していくはずですし、当サイトでご紹介しているTOMクリニック美容外科ではそのようなリスクを下げるために徹底的にサポートをしてくれます。

 

料金の安さよりも腕の良い医師を探すことが自毛植毛の治療では欠かせないので、信頼と実績のあるTOMクリニック美容外科が良いというわけです。

 

「自毛植毛以外のAGA治療も行いたい」という方へのサポートも同時に行っているので、まずはインターネットから無料カウンセリングの登録を行ってみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 


「自毛植毛のトラブル」に関するページ