自毛植毛の術後

自毛植毛の術後について

自毛植毛の治療をクリニックで受け、術後の痛みはどのくらいなのか不安感を抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。

 

術後の痛みは個人によって様々なので一概には説明することができないものの、治療の際に使った麻酔の効力が切れた辺りからズキズキと痛み出すのが一般的です。

 

自毛植毛の治療を受けた半数の方が、毛根を採取して縫合した後頭部や側頭部に痛みを感じており、広範囲に渡って施術を行えば行うほど比例して痛みの程度は強くなります。

 

しかし、激痛が全身に走って日常生活に悪影響が引き起こされることは絶対にありませんし、頭皮が突っ張るような感じがする程度なので心配は要りません。

 

それに、術後に引き起こされる痛みを少しでも和らげるために、医師から痛み止めが処方されるはずですし、用法と用量を守って服用していれば普段と同じような生活を送れるはずです。

 

また、自毛植毛の術後は直ぐに髪の毛が生えてくるわけではなく、毛根の細胞ごと脱毛部分に植えつけるため生着してから一時的に抜け落ちてしまいます。

 

これは治療に失敗したわけではなく、脱毛部位に髪の毛が生え変わる前段階のようなものなので、半年間から1年間程度が経てば徐々に生え揃っていくはずです。

 

TOMクリニック美容外科はサポート体制に優れているので、患者さんの術後の不安を解消するために適切なアフターフォローをしてくれます。

 

そして、患者さんの声を聞き入れるためのフィードバックシステムも取り入れており、安心で正確な治療を施せるような努力を心掛けているので、TOMクリニック美容外科で無料カウンセリングを受けて自毛植毛の治療を始めてみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、自毛植毛の治療はクリニックで受けたらオシマイというわけではなく、自宅で正しい術後のケアを行わなければなりません。

 

この術後のケアが間違っていると、せっかく移植した毛包が頭皮から剥がれ落ちて定着しづらくなるため、正しい方法で対処していかなければならないのです。

 

どのクリニックでも術後の正しいケア方法について医師から詳しく説明を受けるはずですが、思わぬトラブルを未然に防ぐためにもこのページを閲覧してきちんと確認しておきましょう。


洗髪の方法に注意する

自毛植毛が頭皮に行う治療ということで、術後は洗髪の方法に細心の注意を払わなければならないのです。

 

髪の毛を濡らす程度であれば翌日から可能ですが、シャンプーを使用した洗髪は2日目以降に行う必要があります。

 

自毛植毛の治療を受けた当日なのにも関わらず、刺激の強いシャンプー剤を使用したり、ゴシゴシと毛根を移植した部位を洗ったりしていると、移植株が抜け落ちる大きな原因となるのです。

 

移植株の定着率を決めるのは術後のケアにかかっており、カウンセリングの際にも医師から説明を受けるはずですが、頭皮に加わる刺激を少しでも抑えなければなりません。

 

ただし、髪の毛を洗わずにいると細菌が繁殖して炎症や化膿の原因となるため、術後当日はプレシャワーリング(前流し)だけに留め、48時間が経過したら刺激の少ないシャンプー剤を使って優しく洗っていきます。


飲酒や喫煙を控える

自毛植毛の術後はまだ出血が生じているということで、血行を促す飲酒はできる限り避ける必要があります。

 

どの程度アルコールの摂取を控えれば良いのか医師と相談して決めることとなり、少しでも移植株の定着率を上げたいのであれば2週間程度は禁酒した方が良いです。

 

また、喫煙に関しては一酸化炭素が血液の中に存在するヘモグロビンとくっつき、毛細血管に小さな傷をつけて血行を悪化させます。

 

タバコを1本吸う度にビタミンCが25mg程度失われ、髪の毛に行き渡る栄養素が必然的に少なくなりますし、タールやニコチンを中心とする化学物質も大量に含まれているので自毛植毛の術後は禁煙した方が良いのです。


パーマ剤やカラーリング剤の使用を避ける

これは少し考えればお分かり頂けるはずですが、頭皮にダメージが加わるようなパーマ剤やカラーリング剤の使用は避けるべきです。

 

これらの刺激の強い薬剤の中には、特殊な化学成分が含まれており、術後のデリケートな頭皮や髪の毛にダメージを与えます。

 

通常の状態で使用しても肌がピリピリと痛むほど危険な存在なので、自毛植毛の術後はパーマ剤やカラーリング剤の使用を避け、1ヶ月程度期間を空けた方が良いでしょう。

 

万全を期すのであれば、ワックスやムースといったスタイリング剤も治療を終えてから1ヶ月は避けた方が良いです。


「自毛植毛の手術」に関するページ