自毛植毛の維持費

自毛植毛の維持費について

クリニックで行われている自毛植毛は、自分の髪の毛を脱毛部位に移植するという治療で、保険が適用されないので高い費用がかかってしまいます。

 

治療法や移植する毛根の本数によって決まるので一概には言えないものの、数十万円から数百万円程度かかることもあるので、自毛植毛に踏み切れない方が多いのです。

 

しかし、初期費用としてこれだけかかったとしても、自毛植毛は維持費やメンテナンス費用が一切必要ないため、非常に安い投資だと考えられます。

 

自分の髪の毛を薄くなった部位に植え替える治療なので、一定期間が経過すれば他の部位と同じように髪の毛は生え続け、維持費が一切かからないという仕組みです。

 

プロペシアといった発毛剤を服用する場合、一定の効果を得るためには飲み続けなければなりませんし、人工毛植毛の場合も高い維持費やメンテナンス費用がかかります。

 

人工毛植毛は治療のリスクが高いだけではなく、1年程度経つと自然と抜け落ちてしまうのであまりおすすめできる施術ではありません。

 

つまり、ありとあらゆる薄毛の治療法の中でも、自毛植毛が唯一維持費のかからない施術ということで日本だけではなく世界で注目されているのです。

 

自毛植毛したエリアに関しては半永久的に生え続ける素晴らしい治療なので、このサイトでご紹介しているTOMクリニック美容外科での施術をおすすめします。

 

薄毛で悩む患者さんのためにサポート体制をしっかりと整えており、インターネットから登録するだけで無料カウンセリングを受けられるので、TOMクリニック美容外科を利用してみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、自毛植毛で治療を行った部位に関してはメンテナンスフリーで余計な維持費はかからないものの、その他のエリアは薄毛が進行する可能性があります。

 

基本的に男性ホルモンの影響で毛乳頭細胞の分裂が抑制されることで薄毛が進行するため、致し方ない現象だと言えるかもしれません。

 

しかし、血行不良によって髪の毛に行き渡る酸素や栄養素が不足することで抜け毛が多くなり、薄毛になりやすいと考えられているので、自毛植毛をクリニックで受けて安心するのではなく、血行不良を改善する対策も必要です。

 

また、自毛植毛自体に維持費がかからないとしても、治療が終わった後に他の部位の薄毛の進行を食い止めるために、医師から抑制剤が勧められることがあります。

 

こういった医薬品の費用は支払わなければならないため、自毛植毛のメンテナンス費用がゼロではないことを頭に入れておくべきです。


「自毛植毛の手術」に関するページ