自毛植毛の手術

自毛植毛の手術について

クリニックで行われている自毛植毛の手術には幾つかの種類があり、身体にかかる負担や移植した毛根が頭皮に生着する確率が異なります。

 

どの手術においてもAGA治療の最終手段だと考えられており、カツラやウィッグの着用と比べて遥かに自然な仕上がりになるのです。

 

自毛植毛は大きな効果が得られる分、保険が適用されないので高い費用を支払わなければなりませんが、薄毛というコンプレックスを抱えているのであればクリニックで手術を受ける価値は十分にあります。

 

そこで、実際にクリニックで行われている手術の種類をこのページではご紹介しているので、是非参考にしてみてください。


ARTAS植毛

TOMクリニック美容外科で実施されているのがARTAS植毛で、ロボットを使った自毛植毛となっております。

 

ロボットが正確にドナーの角度や向きをCCDカメラで把握し、医師が操作してスピーディーーに採取していくのです。

 

採取してから植え付けまでの時間が短く、ドナーの切断率を下げられるのがTOMクリニック美容外科のARTAS植毛のメリットだと言えるでしょう。

 

限られたクリニックでしか実施されていない自毛植毛なので、TOMクリニック美容外科の無料カウンセリングで説明を受けてみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 


ダイレクト法

メスを使用せずに毛包ごと吸引採取して植えつける自毛植毛がダイレクト法で、採取した跡は数日で目立たなくなるので身体に負担がかからない手術だと説明できます。

 

一度の大量の毛髪を植え込むことも可能で、髪の毛のボリュームアップとともにデザイン性に富んでいるのもメリットの一つです。

 

このサイトでご紹介しているアイランドタワークリニックでは、このダイレクト法が採用されており、患者さんの身体のことを一番に考えております。

 

自分自身の髪の毛を植えつける治療なので拒絶反応が引き起こされることはなく、カウンセリングも充実しているため、自毛植毛を考えている方はアイランドタワークリニックに相談してみましょう。

 

 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

 


マイクログラフト法

複数の毛髪が生えた頭皮片を1株として、針を使用して脱毛部位に植え込んでいく自毛植毛手術がマイクログラフト法です。

 

日本で行われている自毛植毛の治療の中でもマイクログラフト法が一般的だと言われており、数々のクリニックで実施されております。

 

小さな針を使用した手術なので、ドナー部分にも移植部分にも傷跡が残りにくく、治療を終えて一定期間が経てば目立たなくなるはずです。


ニードル法

特殊な器具を使ってグラフトを植え込んでいくのがニードル法で、上記の手術と非常に酷似しております。

 

ニードル法も針を使った治療なので傷口が小さく、植え込む間隔も自在ということで生え際の薄毛で悩む方に最適な治療法です。

 

他の手術と比べてリーズナブルな価格で処置を施してもらうことができますが、密度に限界があるので頭頂部の広範囲に渡った脱毛には適しておりません。


FUT(フォリキュラー・ユニット・トランスプランテーション)法

FUT(フォリキュラー・ユニット・トランスプランテーション)法も日本で積極的に行われている自毛植毛の手術の一つで、数本の髪の毛の集まりの毛包を脱毛部位に移植していきます。

 

実際の髪の毛の生え方に近い治療なので、生着率が非常に高く失敗のリスクが少ないところが大きなメリットです。


「自毛植毛の手術」に関するページ