若者の自毛植毛

若者の自毛植毛について

年齢を重ねるとともに抜け毛が多くなって薄毛になるのは仕方のない現象ですが、現在では若者でも薄毛に悩まされやすく、自毛植毛の治療をクリニックで受ける方は増えております。

 

20代や30代という若者でも薄毛の兆候が始まるケースは意外と多く、見た目のイメージを少しでも良くしたいということで自毛植毛が積極的に取り入れられているのです。

 

自毛植毛は自分の髪の毛を脱毛部位に移植する手術のことを指し、特に年齢制限などはありません。つまり、若者でも高齢者の方でも受けられる治療ということで、急速に広まっているのではないかと考えられております。

 

現在では育毛剤や増毛剤といった製品が様々なメーカーから販売されており、カツラの使用率に関しては世界をアメリカを中心とする欧米を抜いて日本がトップです。

 

しかし、日本での自毛植毛の普及率はそこまで高くなく、40年近くの歴史を持っているアメリカの5分の1程度だと言われております。

 

それでも、年々自毛植毛への技術開発は進んでおり、頭皮に負担をかけることなく安全に行える治療だということが人々の間で広まったので、若者でも治療に踏み切るようになりました。

 

髪の毛を脱色したりパーマやブローでダメージを与えたりと、若者は男性でも女性でもヘアデザインに凝っているため、一昔前の人よりも薄毛で悩む確率が高いのです。

 

髪の毛が薄いという事実が大きな障害となるケースは少なくないので、深刻に悩んでいるのであれば当サイトでご紹介しているTOMクリニック美容外科で相談してみましょう。

 

国内でもメスを使わない自毛植毛の治療に取り組んでいるクリニックで、サポート体制も徹底しているため、まずはTOMクリニック美容外科の無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、20代や30代といった若い年齢でハゲの兆候が見られるという方は、「遺伝による影響だ」と考えるはずです。

 

確かに、親と子供が似るのは遺伝の影響ですし、髪の毛のフサフサ具合も同じように似ると考えるのは普通だと説明できます。

 

しかし、実は薄毛そのものの遺伝子は発見されておらず、髪の毛の細さや量が遺伝することはあっても、薄毛自体が両親から子供へと遺伝するわけではありません。

 

それでも、抜け毛を引き起こすジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛ホルモンの影響の受けやすさは遺伝するため、両親が薄毛で悩んでいればその子供も薄毛に悩まされやすいのです。

 

仮に遺伝が引き金となって引き起こされている薄毛でも、クリニックによる自毛植毛は受けられますし、若者でも高齢者でも今の状態を改善することはできるでしょう。

 

ただし、10代といった若者の場合は、今後どのようにAGAの症状が進行していくのが想像が付かないので、焦って手術を行わないように注意してください。


「自毛植毛と性別・年齢」に関するページ