未成年の自毛植毛

未成年の自毛植毛について

「未成年でも自毛植毛の治療を受けることはできるの?」という疑問を抱えている方は少なくありません。

 

確かに、男性型脱毛症は40代や50代といった年齢を重ねた人が患うイメージがあるものの、高校生や大学生など若くして髪の毛の悩みを抱えている方はいらっしゃいます。

 

薄毛が原因でイジメにあったり、頭部の事故が原因で一部分に髪の毛が生えてこなかったりと、未成年という若者の悩みの種でもあるのです。

 

他の治療法と同じように、条件が整えば未成年でも自毛植毛をクリニックで受けることは可能で、その条件の一つが保護者の同意となっております。

 

自毛植毛は自由診療と設定されているためどのような方法でも高い費用がかかり、手術を受ける上でかかる費用の責任を持つために保護者の承諾書を書類で記載しなければならないのです。

 

未成年が自分で社会的な責任を負うことは不可能ですし、治療費の全額を自分で負担できたとしても18歳未満であれば、どのクリニックでも保護者から同意を得た書類を掲示しなければならないでしょう。

 

それに、支払いの条件やローンを組む際にも審査を受けなければならず、未成年が審査に通るはずがないので親の力が必要だということがお分かり頂けるはずです。

 

無料カウンセリングを受ける段階で親の同伴が必要なクリニックもあり、自毛植毛の施術を受ける病院にメールや電話をして確認しなければなりません。

 

このサイトでご紹介しているTOMクリニック美容外科では未成年の自毛植毛の治療は可能ですが、親権者の同意が必要となっております。

 

治療に踏み切れない方でも、髪の毛の悩みをいつでも受け付けているので、まずはTOMクリニック美容外科の無料カウンセリングで相談してみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、親に相談できないということで、「治療費を支払えるのになぜ親の同意が必要なの?」という不満を抱えている未成年の方はいらっしゃいます。

 

これは施術に関わる医師の立場が大きな問題となり、成人に対して自毛植毛の治療を施す場合と未成年とでは大きな違いが生じるのです。

 

若年者に対しては自毛植毛の手術を受ける上での副作用やリスクに関して説明できるかという問題が発生し、同意してもらったとしても仕上がりに不具合が生じて訴訟問題に発展すれば、親の同意なしに未成年に処置を施した医師の責任が問われます。

 

安全性の高い治療の自毛植毛でも、デメリットが一切ないというわけではないため、万が一の事態に備えて保護者の同意を求めるのは普通だと言えるでしょう。

 

また、自毛植毛の治療を行っているクリニックによっては、未成年の診察が行われていないケースもあるため、事前に公式ホームページを見てチェックしておくべきです。

 

「よくあるご質問」といった欄に記載がないのならば、メールや電話をしてみて未成年の治療が可能かどうか確かめてからカウンセリングに足を運ぶようにしてください。


「自毛植毛と性別・年齢」に関するページ