女性の自毛植毛

女性の自毛植毛について

薄毛で悩むのは男性だけではなく女性の悩みの種の一つでもあり、その証拠としてテレビのコマーシャルでは女性用の育毛剤や薄毛対策のシャンプーが次々に発売されております。

 

実際に、自毛植毛を専門としているクリニックに女性が訪れるケースは意外と多く、安全性の高い治療だからというのが大きな理由です。

 

「自毛植毛の治療によって肌に傷が残らないのだろうか」という不安を抱える女性の方はたくさんいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、医療の発達によって自毛植毛の治療で大きな後遺症が残らないことが分かり、人工毛植毛と比べて拒絶反応のリスクも少ないということで、男性よりも女性から注目を集めております。

 

仕事でのストレスや女性ホルモンのバランス崩れなど、薄毛を引き起こす原因は一つではないですし、ストレス社会の現代病と言っても過言ではないのです。

 

とある調査によると、薄毛で悩んでいる女性は600万人と推定されており、潜在的な脱毛症の人口は1,000万人を超えるため、今後も自毛植毛が人々の間で親しまれていくのではないでしょうか。

 

世界でのトップレベルの技術を用いて自毛植毛を行っているクリニックもあるため、治療を受けるとまだ決めていない方でも、専門医に相談してみるのは一つの選択肢です。

 

このサイトでご紹介しているTOMクリニック美容外科は無料カウンセリングを実施しており、当然のように女性も気軽に利用することができます。

 

ただ専門医に任せて薄毛を治療してもらうだけではなく、自分自身でもどのような治療なのか把握しておかなければならないので、TOMクリニック美容外科の無料カウンセリングをインターネットから申し込んでみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、女性の薄毛のタイプは男性とは少々異なり、そのパターンによって自毛植毛の治療を受けるのに適しているのか事前に把握しておく必要があります。

 

髪の毛の生え際が男性のように徐々に広がるハミルトンタイプの薄毛の女性は、クリニックで実施されている自毛植毛と相性が良く、広範囲に広がっていないのであれば大量の毛包を移植せずに済むはずです。

 

移植する毛包の数によって自毛植毛でかかる費用には違いが出るため、女性の場合は男性と比べて比較的費用が安くなりやすいという特徴があります。

 

ただし、髪の毛1本1本が少しずつ細くなって全体的に薄く見えるびまん性脱毛症の女性は、髪の毛を採取するドナーの部分も薄くなっていることが多く、自毛植毛が適さないかもしれません。

 

自毛植毛に取り組む意識が強かったとしても、医師から反対されたら受けられないので、ノコギリヤシが配合された育毛サプリや通販で販売されている薬用シャンプーで地道なケアを行っていくべきです。

 

頭頂部が全体的に薄くなっているルードウィッグタイプの女性も、男性と同じように自毛植毛を受けることができます。

 

しかし、男性型脱毛症とは異なり、一時的な女性ホルモンのバランス崩れが引き金となって薄くなっているかもしれないので、手術を急ぐのではなくホルモンバランスの乱れを改善するようなケアから始めるべきです。


「自毛植毛と性別・年齢」に関するページ