男性の自毛植毛

男性の自毛植毛について

女性よりも男性の方がホルモンの関係上薄毛に悩まされることが多く、自毛植毛を受けている患者さんの割合も男性の方が多いのは事実です。

 

2009年のアメリカのデータによると、自毛植毛を実施しているクリニックに訪れた方の約7割が男性で、美容を意識している女性よりも男性の方が薄毛を気にしていると説明できます。

 

髪の毛が薄くなる原因はDHT(ジヒドロテストステロン)が大きく関係しており、いずれ髪の毛になる毛母細胞に分裂を抑制するような命令を出すのです。

 

その影響で髪の毛が成長する期間がだんだんと短くなり、細い髪の毛の割合が多くなって地肌が見えるようになるのがAGA(男性型脱毛症)だと説明できます。

 

そのAGAの治療手段の一つが自毛植毛で、現在において最も注目を集めている治療法だと言えるかもしれません。

 

男性に限った話ではないものの、側頭部や後頭部といった部位に生えている髪の毛はホルモンの影響を受けず、直ぐに抜けたり細くなったりすることが少ないので自毛植毛の治療に用いられます。

 

丈夫な髪の毛を自分の頭皮から採取し、医師の施術によって脱毛部位に植えつけるのが自毛植毛で、色や髪質を自然なイメージに仕上げられるのが大きなメリットなのです。

 

「育毛剤や育毛シャンプーを使用しても意味がなかった」という男性でも、自毛植毛を受けて劇的な変化を得られた方は多いので、TOMクリニック美容外科での治療をおすすめします。

 

今までに数多くの症例を扱ったという信頼と実績のあるクリニックで、サポート体制も充実しているため、まずは気軽に無料カウンセリングを申し込んでみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、「日本人男性が薄毛になる確率はどのくらいなの?」という疑問を抱えている方がいらっしゃいます。

 

薄毛と一口に言っても色々なパターンがありますし、症状の重さには違いが生じているため一概には言えませんが、20歳以上の男性の薄毛人口は1,340万人というデータがあるのです。

 

全体で見ると約26%の方が薄毛に悩まされており、4人に1人が若い頃と比べて症状の変化を訴えているため、自毛植毛を受ける人の数が増えたとしても不思議ではありません。

 

以前と比べて自毛植毛という治療は人々の間に知れ渡りましたし、安全に受けられることが判明したのでコンプレックスを解消するために手術を決意するというわけです。

 

カツラや人工毛植毛とは大きく異なり、生え続ける自毛だからこそメンテナンスの必要がなく、尚且つ不自然なヘアスタイルになる心配もないので、薄毛の悩みを抱える男性の方は自毛植毛を選択肢の一つの中に入れてみましょう。


「自毛植毛と性別・年齢」に関するページ