60代で自毛植毛は受けられるの?

60代で自毛植毛は受けられるの?

薄毛の悩みは誰しもが抱えるもので、年齢や性別は特に関係ありません。

 

10代の若者でも60代の高齢者でも薄毛で悩まされるケースは多く、「どのようにすれば改善できるのか?」と考えるはずです。

 

そこで、「60代でもクリニックで自毛植毛の手術は受けられるの?」という質問をされる方がいらっしゃいます。

 

一般的に、AGAによる薄毛は30代頃から始まりやすいため、自毛植毛を受ける年代としては20代から40代までの働き盛りの世代の男性が多いのです。

 

確かに、この年齢の男性はまだ見た目のイメージを気にするはずですし、「薄毛で老けて見られたくない」という気持ちが芽生えても不思議ではないでしょう。

 

しかし、近年では60代以降の男性を中心に自毛植毛を受ける方が増えており、若い男性だけではなくシニア層にも人気の薄毛治療となりました。

 

「○○歳までの人しか自毛植毛は受けられない」という決まりは特にありませんし、60代でも70代でも自分の後頭部や側頭部に髪の毛が残されていればクリニックで手術を受けられるのです。

 

ED治療薬のバイアグラやシアリスなども60代以降のシニア層を中心に売れておりますし、「いつまでも若い自分でいたい」と考える男性が増えたため、自毛植毛も年齢に関わらず受ける人が増加しました。

 

それに、「メスを使わない」「身体に負担が加わらない」「安全性が高い」という認識が広まったため、60代の男性でも手術を決意するケースが多いのかもしれません。

 

実際に、当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックでは、60代の男性が1,400株(3,500本)の自毛植毛を受けたという実績があるので、一度相談してみてください。

 

 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

 

さて、近年になって60代の男性でも自毛植毛を受けるようになったのは、老後の考え方の違いも影響しております。

 

以前までは60歳になったら会社を定年して余生をゆっくりと過ごすというライフスタイルが多かったものの、現在では60歳を超えても会社でバリバリと働く男性が増えました。

 

特に、個人事業主や自営業者には定年という概念がありませんし、70代でも元気に働いている男性はいらっしゃるはずです。

 

シニア層のパワーは以前よりも遥かに増しておりますし、若々しい状態で過ごしたいと考えるからこそ、自毛植毛が人気を得ているのではないでしょうか。

 

プロペシアやミノキシジルタブレットといった内服薬と比較して、自毛植毛の方が身体に加わる負荷は小さくなっております。

 

もちろん、既存の髪の毛の量に応じて自毛植毛を受けられるかどうか決まるので、クリニックの専門医に話を伺ってみるのがベストです。


「自毛植毛と性別・年齢」に関するページ