自毛植毛と性別・年齢

自毛植毛と性別・年齢について

抜け毛や薄毛といった症状は性別や年齢を問わず引き起こされる現象なので、何方でも自毛植毛の治療をクリニックで受けることは可能となっております。

 

女性の中には、「男性しか自毛植毛を受けられないのではないか?」と考えている方はいらっしゃるかもしれません。

 

確かに、薄毛やハゲは男性ホルモンと非常に深い関係性があり、DHT(5α-デヒドロテストステロン)と5α-リダクターゼと呼ばれる酵素が変身し、髪の毛の成長が抑制されます。

 

男性ホルモンの量が多い男性ほど薄毛に悩まされるのは事実ですが、女性の身体にも頭髪の成長にプラス要素を与えているエストロゲンが存在し、年齢を重ねることによって減少していくのです。

 

つまり、男性でも女性でも薄毛の悩みを抱える可能性があるので、今の状態を少しでも改善したいのであれば性別や年齢に関係なく、クリニックで自毛植毛を受けるのが良いのではないでしょうか。

 

以前までの方法とは違って現在クリニックで行われている自毛植毛の治療は、傷跡が残らないようになっており、身体に負担をかけずに施術を施すことができます。

 

後遺症によって見た目のイメージが悪くなるような心配は一切ないということで、日本だけではなく世界でも自毛植毛が薄毛の対策として積極的に取り入れられているのです。

 

そこで、性別や年齢に関わらず自毛植毛の治療に興味がある方は、当サイトでご紹介しているTOMクリニック美容外科の受診をおすすめします。

 

独自で開発した治療法によって高密度な髪の毛の移植が可能となっており、誰でも気軽に無料カウンセリングを受けられるので、是非TOMクリニック美容外科のホームページをチェックしてみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、上記では年齢に関係なく自毛植毛の治療をクリニックで受けられると説明したものの、あまりにも早すぎるのは考えものです。

 

40代や50代といった年齢の方であればまだしも、30歳以下の方はこれからどのような感じで薄毛になっていくのかはっきりと分からない状態だと説明できます。

 

そのような状態なのにも関わらず、無理に自毛植毛を行って髪の毛が薄い部分に移植を行うと、将来的に生える場所に植えることになるので無駄な費用を費やすことになるのです。

 

他の人よりも多少は髪の毛が薄いと自分で感じていても、AGA(男性型脱毛症)の進行具合には個人差があるので、それをきちんと見極めてからの方が良いかもしれません。

 

また、性別に関わらず自毛植毛を施せるものの、自分の元の髪の毛を移植する方法なので、「後頭部や側頭部に生えている髪の毛が健康」「皮膚が柔らかくてゆとりがある」「毛質が太くて丈夫である」という3点が重要となっております。

 

髪の毛自体は問題ないとしても、ケロイド体質の方はドナーの傷跡が目立ちやすくなるかもしれないので、事前に医師の方に相談しておくべきです。


「自毛植毛と性別・年齢」に関するページ