自毛植毛の仕組み

自毛植毛の仕組みについて

日本皮膚科学会では、2010年に男性型脱毛症(AGA)の診療ガイドラインを発表し、薄毛の治療には内服薬のプロペシアと外用薬のミノキシジルを高く評価しました。

 

しかし、これらの治療で完全に薄毛を改善できるわけではなく、近年になって注目され始めたのが自毛植毛で、どのような仕組みで髪の毛を生やせるのか疑問を抱いている方は多いはずです。

 

自毛植毛の仕組みを簡単に説明すると、ドナーとなる毛髪を自分の頭皮から採取し、他の場所に毛根ごと植えつけることによって薄毛の部位に毛根を再生させて髪の毛を生やしていきます。

 

移植した毛根からは毎日少しずつ他の髪の毛と同じように成長していきますし、抜けても再び生えてくるため、おでこの生え際の後退や頭のテッペンだけの薄毛など、様々な症状に対応できる治療法なのです。

 

しかも、自毛植毛で使用されるドナーは、男性ホルモンの影響を受けにくく脱毛の進行が生じにくい側頭部や後頭部の髪の毛が使用されるため、問題なく定着すれば生涯薄毛になりにくいところも利点の一つかもしれません。

 

薄毛やハゲが進行している方でも、側頭部や後頭部の髪の毛が残っているケースは多く、この部分の髪の毛の生存力が強いということは少し考えればお分かり頂けるはずです。

 

色や質感が変わらず、移植部分も周りの髪の毛と同様に変化していくという仕組みですし、その後のメンテナンスがほとんど必要ないという長所も自毛植毛は兼ね備えております。

 

このように、薄毛の悩みは自毛植毛で解決できるので、安全性の高い施術を行い、信頼と実績のあるTOMクリニック美容外科に相談してみましょう。

 

通常の育毛法では困難な前頭部のハゲでも効果的な治療を進めていくことができるので、是非TOMクリニック美容外科の無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、クリニックでの自毛植毛は育毛剤の使用とは大きく異なり、一気に手術で治すということで効果が高いと分かっていても抵抗感を抱く方は少なくありません。

 

それに、どのような外科的な方法を用いたとしても、全てが審美目的と扱われてしまうため、施術には高い費用を支払わなければならないのです。

 

それでも、ミノキシジルを中心とした治療薬を使った手立てで改善できないのであれば自毛植毛がおすすめですし、人工毛植毛よりも遥かに大きなメリットがあります。

 

人工毛植毛の仕組みは、自分の髪の毛を使用するのではなく人工的に作った毛髪を希望する本数だけ頭皮に植え込むという流れで、以前まで薄毛の治療として頻繁に用いられておりました。

 

しかし、長期間に渡って維持するのは難しいため1年程度で抜け落ちてしまいますし、拒否反応や感染症といったリスクがつきまといます。

 

一度移植したとしても自分の髪の毛ではないので成長することはなく、同じくらい高い費用をかけるのであれば人工毛植毛よりも自毛植毛の方が遥かに良いのです。

 

どちらの施術を選択するにしても、ポンと差し出せるような金額で治療を受けられるわけではないので、自分で仕組みを理解するとともに医師と良く相談してみてください。


「自毛植毛のメリット」に関するページ