自毛植毛で密度アップ

自毛植毛で密度アップしよう

「クリニックで自毛植毛の施術を受けるとどのくらいの密度アップが図れるの?」という質問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

個人の症状によって薄毛の進行具合は異なるため、どの程度の密度アップが図れるのか一概には説明できないものの、クリニックでの治療は年々進化しているのです。

 

特に、自分の髪の毛を脱毛部分に植え付ける自毛植毛は効果が高く、根強く残る後頭部や側頭部の髪の毛を使用するため、直ぐに抜け落ちる心配はありません。

 

しかも、人工毛の植毛とは大きく異なり、自毛植毛は毛穴ごと脱毛部分に植えつけるイメージなので、髪の毛が抜け落ちても新しい毛髪が生えてくるという特徴があります。

 

つまり、頭皮全体の密度アップを図りたいのであれば、クリニックで行われている自毛植毛が最適で、あなたのコンプレックスの根源から改善してくれるのです。

 

頭頂部の薄毛で悩んでいる患者さんが自毛植毛の治療を行い、たった1回の施術で生え際全体に2,640株を植え付け、平均密度を44%まで増加させたというデータが残っております。

 

治療を施す前と比べて十分な密度アップを図れるだけではなく、髪の毛全体のボリュームを増すこともできるところが自毛植毛の強みだと言えるのではないでしょうか。

 

以上のように、薄毛の悩みは一人で抱え込むのではなく、自毛植毛が安全に解決へと導いてくれるので、当サイトでご紹介しているTOMクリニック美容外科に相談することをおすすめします。

 

東京と大阪の大都市にクリニックを構えており、最新の医療技術による自毛植毛を施してくれるので、コンプレックスを解消するためにも一度TOMクリニック美容外科で無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、自毛植毛を考えている方はご自分で希望の面積を測ることにより、大よそのドナー範囲や植毛密度を把握できるため、以下のような方法で測定してみましょう。

 

 

「油性マジック」「サランラップ」「NHT測定システム用紙」を用意する。NHT測定システム用紙は1cm2角の方眼紙でも代用可能。

自毛植毛を希望する部分にサランラップを当ててマジックで範囲をなぞる。

書き写したサランラップをNHT測定システム用紙に重ねる

輪郭線の中にある小さな正方形の数を数える

 

 

また、どのくらいの密度で自毛植毛するかによってもドナーの採取面積は異なり、頭髪の本数は年齢や体質によって大きな違いが生じております。

 

自毛植毛の効果を得るためには、全体的な密度のバランスを整えることが大事で、かつらを常備している方でもクリニックでの施術を行えば2回から3回の治療で60%以上の密度アップが図れるのです。

 

ご自身では詳しい本数や費用について分からないかもしれないので、信頼できるクリニックに足を運んでカウンセリングを受けてみましょう。


「自毛植毛のメリット」に関するページ