自毛植毛の効果

自毛植毛の効果について

「自毛植毛の治療をクリニックで受けてどの程度の効果が得られるの?」という質問をされる方はいらっしゃいます。

 

確かに、高い費用を支払って薄毛の治療を行うわけですから、大した効果が得られなければ自毛植毛を受けるメリットはないと考えるはずです。

 

そこで、このページでは自毛植毛の効果について詳しく説明しているので、実際に施術を受ける前に確かめておいてください。


生着率が高く1度の施術で大量の移植ができる

自毛植毛を専門的なクリニックで受ける最大の効果は、生着率が高く1度の施術で3,000本から6,000本と大量の移植ができるところです。

 

一つずつ手作業で行う方法と比べて、自毛植毛は専用の機械を使用するため、手術のスピードは比例して速くなります。

 

素早く施術を行えば行うほど、髪の毛や毛穴の細胞が元気なまま脱毛部分に移植できるということで、生着率が高まるという仕組みです。

 

以前まで行われていた人工毛植毛の場合、持続性がないだけではなく、抜けたところが再度生えてくることはないため、一定期間を経た後に再手術をしなければならないというデメリットがありました。

 

その点、自毛植毛であれば移植した髪の毛が伸びて周囲と馴染み、デザインを始めとして自然な仕上がりが期待できるという効果もあるため、現代ではこの治療法が推奨されているのです。

 

高い費用がかかったとしても、薄毛の治療はいかに自然に見せられるかが重要で、自毛植毛によって精神的に安定し、社会生活の営みに大きく貢献したと感じている方はいらっしゃいます。


拒絶反応が少ない

自毛植毛は自分の後頭部や側頭部の髪の毛を脱毛部分に移植するという治療なので、拒絶反応が少ないのも効果の一つとなっております。

 

他の治療法と比べて自毛植毛は、「拒絶反応が少ない」ではなく、「拒絶反応が出ない」と言っても過言ではありません。

 

内蔵や皮膚の移植手術の場合、拒絶反応の有無を一番に気にしなければならず、これは外部からの異物を排除するための免疫機能による働きが大きく影響してきます。

 

自毛植毛も皮膚の移植手術のようなもので、人工毛で拒絶反応が生じた場合は部位の腫れや化膿といった接触性皮膚炎が引き起こされるのです。

 

その点、自毛植毛は自分自身の髪の毛を別の部位に移植する治療ということで、拒絶反応のリスクが少なく安全性が高いからこそ支持されていると説明できます。

 

 

 

上記のような効果を秘めているということで、自毛植毛が欧米でも注目を集めている理由がお分かり頂けたはずです。

 

ただし、施術を受けるクリニックによって方法や費用、仕上がりは大きく異なるので、自毛植毛で悩む多くの患者さんが受けているTOMクリニック美容外科の利用をおすすめします。

 

高密度の施術なので他の治療と比べて圧倒的に仕上がりが良く、術後のアフターケアまで徹底的にサポートしてくれるので、自分の状態を医師に伝えるためにもまずはTOMクリニック美容外科で無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 


「自毛植毛のメリット」に関するページ