自毛植毛を行うタイミング

自毛植毛を行うタイミングについて

気付いた段階で何かしらの処置を施すのが薄毛対策として欠かせないのですが、自毛植毛の治療を受ける場合はタイミングに注意が必要となります。

 

自毛植毛の手術が成功すればそれで終了というわけではなく、一定期間は安静にして過ごさなければならないのです。

 

デスクワークをしている方であればまだしも、身体を激しく動かさなければならない方が自毛植毛を受ける場合は、長期休暇を取るタイミングに合わせて治療を受けるのがベストだと説明できます。

 

「自毛植毛の治療後は一歩も動いてはならない」というわけではないものの、術後数日間で頭皮に生着するかどうか決まるため、できる限り安静にしなければなりません。

 

それに、治療法によっては頭皮の腫れやかさぶたといった症状が引き起こされる可能性があり、自毛植毛の治療を受けたと気付かれたくないのであれば、仕事を休むタイミングに合わせてクリニックで手術の日取りを決めるべきです。

 

治療に成功しても、手術をしてから1週間程度は腫れやかさぶたが目立つケースがあり、サラリーマンの方は帽子を被って仕事をすることができないので、タイミングが重要だということはお分かり頂けるでしょう。

 

また、単純に医師に任せていれば良いわけではなく、自毛植毛についてのある程度の知識はつけておかなければならないので、クリニックの無料カウンセリングで色々な疑問点を解決するべきです。

 

このサイトでご紹介しているTOMクリニック美容外科でも無料カウンセリングを実施しており、インターネットで申し込むだけなので、公式ホームページをチェックしてみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、自毛植毛はどのクリニックでも自由診療と設定されているため、高い費用を支払わなければなりません。

 

薄毛は病気だとは考えられておらず、その治療は審美目的になるので保険適用の対象とはならないのです。

 

歯科医院での虫歯の治療は保険が適用されても、ホワイトニングは審美目的となるため保険が適用されないのと一緒だと考えられます。

 

いくら薄毛を改善するためでも莫大な費用を支払って治療を受けなければならないので、治療に適したタイミングはないとしても、自分にとって本当に必要かどうか再確認する時間を作るべきです。

 

若年時の治療の場合、頭皮が未発達で治療箇所に予測できないトラブルが発生する可能性があるため、専門の医師と納得がいくまで徹底的に話し合い、その上で自毛植毛の治療を受けるかどうか決めましょう。


「自毛植毛の方法・やり方」に関するページ