自毛植毛の成功率

自毛植毛の成功率について

自毛植毛の成功率は90%を超えると言われており、安全性も非常に高いということで、現在で最も注目されている治療法だと説明できます。

 

一口に自毛植毛と言っても様々な治療がクリニックでは取り入れられているため、一概に成功率を表記させることはできないかもしれません。

 

それでも、拒絶反応のリスクが高い人工毛植毛と比べれば、自毛植毛の方が遥かに成功率が高いのは紛れもない事実です。

 

生着率が95%を超えているFUT法を採用しているクリニックは意外と多く、後頭部や側頭部といった生きた毛根を薄く切り取って植毛する単位に株分けを手作業で行い、脱毛した部分に移植を行っていきます。

 

頭皮から採取して移植を行うまでは毛根に血は流れず、この時間を短くすればするほど頭皮に生着する確率は高まるので、必然的に自毛植毛の成功率もグンと上がるのです。

 

つまり、正確に施術を行うだけではなく、スピーディーに株分けと植え付けの両方を行ってくれるクリニックで自毛植毛を受けることが大事だと言えるのではないでしょうか。

 

治療に慎重になり過ぎてチンタラと作業を行っているクリニックで処置を施してもらっても成功率は上げられないので、正確さとスピーディーの双方を心掛けているTOMクリニック美容外科をおすすめします。

 

毛根に血が通わない虚血時間を少しでも減らすような施術を心掛けているクリニックなので、自毛植毛で薄毛の治療を行いたい方はここで無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、日本皮膚科学会では薄毛の治療方法の評価を以下のように設定しております。

 

  • Aランク・・・強く勧められる
  • Bランク・・・勧められる
  • C1ランク・・・考慮しても良いものの根拠が足りない
  • C2ランク・・・根拠がないので勧められない
  • Dランク・・・行わない方が良い

 

 

人工毛植毛の評価はDランクで、自毛植毛はBランクに位置しているため、成功率はそれなりに高いことがお分かり頂けるはずです。

 

処方薬のミノキシジルやプロペシアはAランクに位置しているものの、誰でも劇的な効果が得られるわけではないと頭に入れておかなければなりません。

 

また、クリニック選びで自毛植毛の治療の成功率を少しでも高める努力を行うだけではなく、術後のケア方法も考慮する必要があります。

 

術後直ぐに激しい運動を行ったり、タバコやお酒を摂取したりしていると頭皮への生着率が下がるため、必然的に自毛植毛の治療の成功率も下がるのです。

 

親切なクリニックであれば、どのような過ごし方をすれば良いのか的確なアドバイスがなされるはずなので、その指示に従うようにしてください。


「自毛植毛の方法・やり方」に関するページ