自毛植毛をクリニックで受ける上でのポイント

自毛植毛をクリニックで受ける上でのポイントについて

このページでは、自毛植毛をクリニックで受ける上でのポイントを幾つかご紹介していきます。

 

高い費用を支払って治療を受ける以上、クリニック選びが最も大事だと言っても過言ではないので、そのポイントをしっかりと把握するようにしてください。


植毛のプロフェッショナルかどうか

植毛治療のプロフェッショナルかどうかでクリニックを選ぶのは、非常に重要なポイントとなっております。

 

医学的な進歩によって自毛植毛の治療は以前と比べて遥かに安全となりましたが、植毛だけを専門としない医師が施術を行うケースもあるのです。

 

それに、個人のコンプレックスにつけ込み、誇大広告を打って治療費をふんだくろうと考えているクリニックはゼロだとは言えません。

 

安全だと言われていても、自毛植毛による失敗談や被害は後を絶えないので、信頼と実績のあるクリニックを徹底的に探すべきです。


サポート体制が充実しているかどうか

自毛植毛は外科手術の一つで、メスを使わない治療でも頭皮には何かしらのダメージが加わるため、サポート体制がしっかりと整っているクリニックでの施術を心掛けるべきです。

 

自毛植毛の手術を受ける患者さんと医師と信頼関係を築くのが最も重要なポイントで、そのためには無料カウンセリングが必要となります。

 

「今直ぐに手術をしないと薄毛がどんどん進行します」というように、患者さんの意見や悩みを聞かずに煽ってくるようなクリニックは絶対に避けた方が良いでしょう。

 

個人の悩みに対して、誠意を持って回答して解決へと導いてくれる先生が在籍していれば、安心して自毛植毛を受けられるはずです。


治療に関しての詳しい説明があるかどうか

受診したクリニックでどのような治療が行われ、どのような効果が得られるのかという詳しい説明がなされるかどうかは重要なポイントの一つです。

 

クリニックの言われるがままになって高額の治療費を支払うはめになった方はいらっしゃいますし、外科治療においてインフォームド・コンセント(理解と同意)は非常に大事だと言えます。

 

資格の持つ毛髪診断士や医師だけではなく、実際に施術を担当する医師と事前に話し合えるクリニックが最適です。


機械ではなく医師の手で施術が行われているかどうか

機械ではなく実際に医師の手でドナーを採取したり、移植部分に植えつけたりという施術が行われているかどうかは重要です。

 

パンチグラフトといった機械を使用した自毛植毛の場合、毛髪を移植する前の株分け時に約30%ほどロスをするため、せっかく採取した毛根が無駄になってしまいます。

 

マイクログラフトも髪の毛の流れの調整といった配慮が難しいため、人の手できめ細かな治療が行われているクリニックを選ぶべきです。

 

ただし、生着率を高めるためには株分けと植え付けのスピードも大事なので、「正確さ」「スピーディー」の両方を兼ね備えているのがベストかもしれません。

 

 

 

これらの項目全てに該当するのが当サイトでご紹介しているTOMクリニック美容外科で、薄毛で悩む多くの人々から高い支持を得ております。

 

他のクリニックと比べても費用はお手頃ですし、サービスの良さと技術力の高さが大きなメリットなので、TOMクリニック美容外科で無料カウンセリングを受けてみましょう。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 


「自毛植毛の方法・やり方」に関するページ