自毛植毛とFUE法

自毛植毛とFUE法について

自分の髪の毛を移植してAGAの根本的な改善を目指す方法は幾つかあり、メスを使うFUT法とメスを使わないFUE法の2種類に大きく分けられます。

 

切る自毛植毛がFUT法(フォリキュラー・ユニット・トランスプランテーション)なのに対し、FUE法(Folicular Unit Extraction)はメスを使わない自毛植毛なので、頭皮を傷付けずに済むのです。

 

「メスを使わずにどのように髪の毛を移植するの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃるかもしれません。

 

このFUE法を実施しているクリニックでは、パンチと呼ばれる機械を使って毛根をくりぬき、ドナーを採取したら頭頂部や生え際といったAGAが進行しやすい部位へと植え込んでいきます。

 

くり抜いた箇所は縫合する必要がなく、時間の経過によって自然と傷口が塞がっていくのです。

 

自毛植毛を受けた直後は多少は傷が目立ってしまうものの、時間が経過すれば目立たなくなりますし、髪の毛で覆い隠せるので特に問題はないでしょう。

 

それに、頭皮の皮膚が張っていてメスを使った施術が受けられないという方でも、FUE法による自毛植毛でAGAを克服できます。

 

当サイトでご紹介しているTOMクリニック美容外科でもFUE法の一種であるARTAS植毛が実施されており、機械を使って採取するスピードを早くしているため、ドナーロスを極力防ぐことができるようになりました。

 

1回の手術で結果を出すことを可能とした手術なので、自毛植毛を受けるためにTOMクリニック美容外科で無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、メスを使わないFUE法は、FUT法と比べて圧倒的に優れていると感じる方は多いかもしれません。

 

しかし、クリニックの方法によってはパンチで盲目的にくりぬいていくため、毛根部分が傷付けられる可能性があります。

 

毛根部分が傷付いてドナーロスとなれば、その毛髪は頭皮へと生着することはなく、大切な髪の毛を無駄にする形となるのです。

 

そのため、「FUE法を取り入れていればどのクリニックで自毛植毛を受けても問題ない」というわけではないので十分に注意しましょう。

 

その点、上記でもご説明したように、TOMクリニック美容外科ではドナーロスが生じにくいFUE法による自毛植毛が実施されているため、どのクリニックよりも信頼できることは間違いないのです。

 

技術力の高い医師による施術を受けられるので、薄毛で悩んでいる方は一度専門医の説明を受けてみてください。


「自毛植毛の方法・やり方」に関するページ