自毛植毛による培養

自毛植毛による培養について

薄毛やハゲを隠す方法として以前から植毛は行われており、現在では自分の髪の毛を脱毛部位に移植する安全な自毛植毛が頻繁に行われるようになりました。

 

実は薄毛の悩みを解決してくれるのは自毛植毛だけではなく、毛髪培養と呼ばれる方法も取り入れられており、研究が重ねられております。

 

毛髪培養は脱毛症を引き起こしにくい後頭部の髪の毛を採取してクローン技術で培養を行い、前頭部や生え際など薄毛を引き起こしている部分に移植していくのです。

 

自毛植毛は見た目のイメージ自然に仕上がり、安全性が高いということで注目を集めているものの、採取できるドナーに限りがあります。

 

自分の後頭部や側頭部の髪の毛を使用して移植するのが自毛植毛で、どんなに大量の毛髪を移植したとしても全体的な髪の毛のボリュームが変化することはありません。

 

その点、毛髪培養であればドナーに制限がなく、何本でも個人の要望によって増やしていくことができるため、一種の最先端技術だと考えられているのです。

 

毛根の培養は簡単に実用化することはできませんが、培養技術に関しては日本は世界を一歩リードしており、皮膚に関しては実用化されているのでこれから急速に進展していく可能性は十分にあります。

 

どんなに多くても自毛植毛で移植できる毛髪は10,000本から12,000本程度なのに対し、毛髪培養であれば1つの毛乳頭を取り出せば数百から数千の髪の毛を作ることができ、傷跡が残る心配も一切ないのです。

 

実際に、マウイでは2012年に頭皮皮膚臨床医療学会が開かれ、毛髪培養に関するプレゼンテーションが行われました。

 

2014年にはその技術の取り組みにかかると言われており、自毛植毛に変わる新たな治療法として人々の間で親しまれていくことは十分に考えられます。

 

現段階ではクリニックの治療として毛髪培養を採用しているところはありませんが、実用化できることが分かったらどのクリニックでも積極的に取り入れるはずです。

 

もちろん、人工毛を移植するのではなく、自分の髪の毛をクローン技術によって増やしていく方法ということで、拒絶反応が引き起こされるリスクは限りなくゼロに近いのではないでしょうか。

 

ただし、細胞がガン化するのではないかという懸念もあり、薄毛治療として取り入れるにはクリアしなければならない問題がたくさんあるため、現段階で積極的に行われている自毛植毛をTOMクリニック美容外科で受けてみてください。

 

自毛の力で自然な髪型を手に入れることができますし、アフターケアも徹底的に行ってくれるので安心して治療を受けられるはずです。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 


「自毛植毛の方法・やり方」に関するページ