自毛植毛の方法・やり方

自毛植毛の方法・やり方について

自分の毛髪を別の脱毛部位に移植するのが自毛植毛で、その方法ややり方に関してはクリニックによって異なっております。

 

どんな方法でも医療の発達や自毛植毛の治療を受ける人の増加によって、現在では安全に処置が行われるようになりました。

 

以前まで頻繁に行われていた人工毛植毛は、身体にとって異物を植え込む形となるため、拒絶反応が引き起こすというリスクがあったのです。

 

しかし、自毛植毛の場合は自分の髪の毛を専用の器具を使って移し変えるだけということで、遥かに安全な施術だと説明できます。

 

このページでは、どのような方法ややり方で自毛植毛が行われているのか詳しく説明しているので、クリニック選びの参考にしてみてください。


ARTAS SYSTEM

ロボットを使った自毛植毛が「ARTAS SYSTEM」で、当サイトでご紹介しているTOMクリニック美容外科で実施されております。

 

従来のメスを使わないFUE法と比較して、ドナーエリアの摘出にムラがないので術後の状態が良く、痛みで悩まされることもありません。

 

それに、手動で採取するよりもグラフトの品質が良く、「ARTAS SYSTEM」では傷付けずに良好な状態で頭頂部や生え際といった部位へと移植できます。

 

限られた医療機関でしか「ARTAS SYSTEM」による自毛植毛は受けられないので、一度TOMクリニック美容外科の無料カウンセリングを受けてみましょう。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 


QHRシステムダイレクト法

カツラのような高額なランニングコストがかからない自毛植毛の方法がQHRシステムダイレクト法で、当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックで採用されております。

 

QHRシステムとは厚生労働省に認可された機器を使用し、植毛にかかる時間を削減できる方法で微細なデザインと大量の移植ができるというメリットがあるのです。

 

しかも、アイランドタワークリニックのQHRシステムダイレクト法はメスを使用しないやり方ということで、身体に加わる負担を最小限に抑えられます。

 

安全性と確実性への評価が非常に高く、薄毛で悩む方にとっては最適な治療法ということで、今後の普及が大いに期待されているのです。

 

アイランドタワークリニックでは、自毛植毛を考えていなくても髪の毛の悩みを抱える人のために親身になって相談に乗ってくれるので、気軽に無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

 


FUE(Follicular Unit Extraction)法

切らない自毛植毛として有名なのがFUE(Follicular Unit Extraction)法で、多くのクリニックで採用されている方法となっております。

 

アメリカのほとんどのクリニックで採用されている方法がFUT法と呼ばれるもので、メスを使用して髪の毛を切り取るという施術が行われているのです。

 

しかし、術後の痛みが大きくなりやすかったり、手作業で施術が行われるので時間がかかったりというデメリットがあるので、日本ではあまり採用されておりません。

 

その治療に変わる自毛植毛がFUE法で、熟練の医師が機械を使った施術を行えば毛根の切断率は約5%以下になり、理想的に移植株を頭皮から採取できます。

 

頭皮に張りがあって皮膚を切り取れないような方でも、FUE法による自毛植毛であれば問題なく治療を受けられるのです。


NHT式自毛植毛

紀尾井町クリニックで採用されている治療がNHT式自毛植毛で、グラフトの採取面積や植毛した後の密度などを科学的に決めて、治療を施していくシステムとなっております。

 

NHT式自毛植毛も上記のやり方と同じように頭皮にダメージが加わらず、休止期の毛根でも発毛に導くような治療を行ってくれるのです。

 

薄毛で悩む人の最終目的である髪の毛のボリュームアップもこの治療では可能で、安全性が高いところが大きなメリットだと言えるでしょう。

 

希望の密度によって自毛植毛にかかる治療費は異なるので、事前に紀尾井町クリニックでカウンセリングを受けてみてください。


「自毛植毛の方法・やり方」に関するページ