自毛植毛の予算はどのくらいなの?

自毛植毛の予算はどのくらいなの?

クリニックで受ける自毛植毛の予算が果たしてどのくらいなのか、疑問を抱えている男性の方はいらっしゃいます。

 

どんなに薄毛を治療する方法として効果と安全性の両方が認められている自毛植毛でも、莫大な費用がかかってしまっては気軽に受けることができません。

 

しかし、頭髪の状態やAGAの進行具合によって自毛植毛にかかる費用は異なるため、「手術の予算は○○万円」と明確な数字を出すのは難しいのです。

 

どれだけAGAの症状が進行しているかによって異なり、軽度の症状であれば数百本程度の移植で済むものの、重度の症状であれば数千本単位で移植する必要があります。

 

若い年代の方であればそこまで薄毛の症状が進行していないと仮定できるため、30万円から50万円程度の予算でも改善は可能です。

 

その点、40代50代と年齢を重ね、頭頂部だけではなく生え際の薄毛にまで悩まされているという男性は、100万円以上の予算が必要となります。

 

髪の毛が薄くなった部分に自毛植毛して薄毛を改善するには、最低でも2,000株(約4,000本)は必要だと考えられており、100万円という費用がかかることも十分にあり得るのです。

 

もちろん、どのくらいの手術費用でどの程度の改善が可能なのか素人では判断できないので、髪の毛の悩みを抱えている方は当サイトでご紹介しているTOMクリニック美容外科を訪れてみましょう。

 

個人の予算に合わせてどのくらいの自毛植毛を行えば自然な髪型に見せられるのか相談に乗ってくれるので、TOMクリニック美容外科の無料カウンセリングを一度受けてみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、保険が適用されないということで、それなりに高い費用を支払わなければならないのが自毛植毛のデメリットだと説明できます。

 

薄毛治療にかける予算を超えてまで手術を受けられないという男性は多いはずですし、治療に踏み切れないという気持ちは大いに分かるのです。

 

それでも、「プロペシアやミノキシジルでは全く効果がなかった」「地肌が透けているけれどかつらは絶対に着用したくない」と考えているのであれば、自毛植毛を治療の選択肢の一つとして考えてみた方が良いかもしれません。

 

確かに、高い費用を支払わなければ受けられない手術ですが、内服薬のプロペシアや育毛剤のミノキシジルは使用し続けなければ効果が出ないという特徴があります。

 

つまり、これらの医薬品で薄毛治療をしていくのであれば、長い期間に渡って使用しなければならず、その間にかかるコストは想像以上に大きくなりやすいのです。

 

どちらの治療が今の自分に最適なのかゆっくりと考え、予算に合わせた対策をして症状を改善できるように努力しましょう。


「自毛植毛のFAQ」に関するページ