自毛植毛をした数年後は?

自毛植毛をした数年後は?

一度自毛植毛の治療をクリニックで施してしまえば、数年後も他の頭皮と同じように髪の毛が生え揃い、脱毛の心配がないというところが大きなメリットとなっております。

 

以前までは植毛技術の低さが影響して、数年後も同じ状態を維持できるとは限らず、途中で抜け落ちてしまうケースが多々ありました。

 

その点、近年になって取り入れられた自毛植毛であれば、一度移植した毛根から新しい髪の毛が生えてきますし、その定着率は何と90%を越えております。

 

元々健康状態の毛根を脱毛部位に移植する手術なので、新しい場所でもその力を大いに発揮し、抜け落ちては生えるという自然なサイクルを取り戻すことができるのです。

 

数年後に髪の毛が抜けてしまうような事態は自毛植毛では引き起こされないので、どのクリニックでも自毛植毛が採用されているのかもしれません。

 

自毛植毛によって薄毛が引き起こされていた部位の定着率が上がり、その部分だけが将来も生き続けて不自然なヘアスタイルになるのではないかと懸念されるほど、現代の医療は発達しております。

 

それでも、他の部位が一種で薄毛になる可能性は薬の副作用を除いては極めて稀ですし、専門の医師が不自然にならないような処置を施してくれるので見た目のイメージを大幅に改善できるはずです。

 

このような自毛植毛に代わる有効な治療法は今のところ存在しないので、薄毛の悩みを抱えている方は当サイトでご紹介しているTOMクリニック美容外科での施術をおすすめします。

 

ロボットを使ってドナーを採取するという新しいシステムを取り入れた自毛植毛を受けられるので、数年後もフサフサの髪の毛を手に入れたいのであればTOMクリニック美容外科で実際に治療を受けてみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、自毛植毛よりもかかる費用が安く、移植できる本数に限りがないということで、人工毛植毛を行っているクリニックは存在します。

 

しかし、人工毛植毛の最大のデメリットは時間の経過によって抜け落ちてしまうことで、数年後も今の状態をキープできているとは限らないのです。

 

どのくらい持つのかは個人差が生じており一概には説明することはできませんが、1年後辺りから徐々に抜け始めると言われております。

 

つまり、クリニックで治療を施してフサフサの状態になれたとしても、その状態をキープしたいのであれば定期的にメンテナンスを行わなければならないのです。

 

もちろん、メンテナンスのために新たな人工毛の移植を行った場合は追加の費用を支払わなければなりませんし、保険の適用されない自由診療なので結果的に高額になりやすいと頭に入れておかなければなりません。

 

以上の点を考慮すれば、最初に高い費用を支払わなければならないとしても、数年後のことを考えれば自毛植毛を受けた方が圧倒的に良いのです。


「自毛植毛のFAQ」に関するページ