自毛植毛で失敗したら?

自毛植毛で失敗したら?

「自毛植毛の治療で失敗したらどうなるの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

確かに、どんなに安全度が高い治療だと言われていても、自毛植毛が外科的な処置を施すことには変わりないですし、何かしらのリスクがあるのは当然です。

 

そこで、このページでは失敗例ごとに自毛植毛で引き起こされるリスクをご紹介しているので、これから治療を受けようと考えている方は是非参照してみてください。

 

しかし、信頼と実績のあるクリニックで施術を受けるように心掛けていれば、手術の失敗の確率を大きく下げられるということを頭に入れておくべきです。


想像以上に傷跡が目立つ

自毛植毛で無事に治療が終わったと思ったら、予想以上に傷跡が目立っていて失敗したのではないかと不安になる方は少なくありません。

 

メスを使用しない自毛植毛の治療でも、ドナーとなる毛根を採取したり植えつける際に少なからず頭皮を傷付けてしまいます。

 

医師の技術力が高くてもドナー部分に線状の傷跡が残るのは致し方ない現象なので、必ずしも治療で失敗したとは言えないのです。

 

ただし、未熟な医師が縫合といった施術を行うと、治療が終わってから一定期間を経て消えるはずの傷跡がそのまま皮膚に残されるかもしれないので、信頼できる医師を探して治療を受けることが大事だと説明できます。


仕上がりが不自然

仕上がりが不自然というのも自毛植毛の治療によるリスクの一つとなっており、自分が想像していたイメージと異なるケースは十分にあり得ます。

 

このような失敗は生え際の薄毛の治療を行った際に引き起こされることが多く、髪の毛の生え方の流れが一定ではなくジグザグに生えているのが大きな要因です。

 

生え際の施術を行う場合はこの点に注意しなければならず、ジグザグに生えているという特徴を考慮せずに移植すると不自然なイメージになってしまいます。

 

治療を受ける前と比べて明らかに変な状態になってしまったのであれば失敗だと言えるので、技術力の高い医師の治療を受けなければならないのです。

 

 

 

以上のように、自毛植毛の治療の失敗やリスクは医師の手先や技術にかかっているため、経験が豊富な医師を探し、尚且つ実績のあるクリニックで治療を受けなければなりません。

 

そのクリニックに該当するのが当サイトでご紹介しているTOMクリニック美容外科で、高密度で多本数の施術が可能となっております。

 

自毛植毛に不安を抱える方のために無料カウンセリングが実施されているので、まずはインターネットから予約を入れてみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 


「自毛植毛のFAQ」に関するページ