自毛植毛のピークは?

自毛植毛のピークはどのくらい?

自毛植毛の効果のピークはどのくらいなのか、手術を受ける前に確認したいと考えている男性は多いかもしれません。

 

確かに、どんなに薄毛を治療する方法として効果的だったとしても、ピークが直ぐに来て抜け落ちてしまったのでは意味がないと考えるはずです。

 

しかし、自毛植毛は自分の髪の毛を移植してAGAを治療する手術で、半永久的な効果を得られるのが大きな特徴となっています。

 

つまり、一度手術で毛髪を移植すれば抜けたり生えたりというサイクルを一生涯に渡って繰り返してくれますし、特にピークは決まっていないというわけです。

 

発毛のピークに関しては18ヵ月後程度だと言われているものの、その期間を過ぎたら自然と薄くなっていくわけではありません。

 

男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)の影響を受けにくい後頭部や側頭部といった部位の毛髪を使っており、この髪の毛を専用の器具で薄毛の部分へと植え付けるからこそ半永久的な効果が得られます。

 

現代の薄毛治療の中でも短期間で効果を実感できますし、カツラやウィッグのように一時的にカモフラージュするような方法とは異なるのです。

 

ただし、自毛植毛を受けるクリニックによって仕上がり具合が左右するので、腕の良い医師が在籍しているTOMクリニック美容外科をおすすめします。

 

医師の技術力が高いだけではなく、最先端のARTAS植毛を取り入れている数少ない医療機関なので、詳細はTOMクリニック美容外科の無料カウンセリングで伺ってみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、自毛植毛は下記のようなプロセスで少しずつ発毛効果が得られるメカニズムとなっています。

 

 

  • @クリニックで専門医による自毛植毛を受ける
  • A1ヵ月後辺りから移植した毛髪が一度抜け落ちる
  • B休止期から成長期に入る3ヵ月後付近から発毛が始まる
  • C半年後には細くて短い毛が頭皮から出始める
  • D10ヶ月が経過すると太く長く成長して効果を実感できる

 

 

上記のように、自然な形で今まで薄毛だった箇所から新しい髪の毛が生えてくるので、時間的な違和感を解消できるというメリットがあります。

 

同じ植毛手術の人工毛植毛の場合、当日にフサフサの状態になるので周囲の人間から不思議に思われるケースが多いかもしれません。

 

それに、自分の毛髪ではなく人工毛を使っているため、半年後から1年後程度がピークだと考えられており、後は抜け落ちるのを待つだけなのです。

 

拒絶反応のようなリスクもある危険な方法なので、絶対に人工毛植毛は受けないでください。


「自毛植毛のFAQ」に関するページ