自毛植毛は何歳からできるの?

自毛植毛は何歳からできるの?

「自毛植毛の治療を受けるには○○歳から」と決まっているわけではなく、薄毛で悩んでいる方であれば何歳からでも施術を受けられます。

 

現在の日本では全ての男性の3割がAGA(男性型脱毛症)に悩まされているというデータがあり、何歳から症状が出るのかは個人差があるものの、大よそ20代から30代にかけて気になり始めるはずです。

 

最初は抜け毛が増えたと感じる程度でも、だんだんと量が多くなって地肌が目立つようになるため、30代から40代にかけての顧客層が自毛植毛の治療を施すケースが多くなっております。

 

もちろん、後頭部や側頭部の髪の毛が残っていれば自毛植毛を受けられますし、20代から70代まで幅広い患者さんがクリニックに来院しているのです。

 

何歳からでも受けられる治療ですし、20代からの若ハゲにも対応している施術ということで、コンプレックスを抱えている方は専門医に相談してみるのが良いかもしれません。

 

比較的早めの年齢で治療を施せば周囲に気付かれにくくなりますし、自信の喪失を避けられるのでストレスを溜め込まずに済むというわけです。

 

50代や60代の方など、男性型脱毛症の症状がある程度進行していても自毛植毛に関しては手遅れということはないため、説明を受けるだけでもクリニックを受診した方が良いと説明できます。

 

このサイトでご紹介しているTOMクリニック美容外科でも特に年齢制限はなく、何歳からでも安全性の高い自毛植毛を受けられるはずです。

 

自毛植毛の新しいシステムとも言えるARTAS植毛を採用しており、無料で相談できるカウンセリングも用意されているので気軽にTOMクリニック美容外科を利用してみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、上記では何歳からでも自毛植毛の治療を受けられると説明致しましたが、あまりにも若すぎる年齢の方は避けた方が良いかもしれません。

 

男性ホルモンが影響しにくい部位の髪の毛を脱毛部分に移植していくのが自毛植毛で、将来的にどのようにAGAが進行していくのか若すぎると判断しかねます。

 

つまり、本来であればきちんと髪の毛が生えてくる場所に毛根の移植を行ってしまうというケースも十分に考えられるので、手術を焦るのではなく多少は様子を見た方が良いのです。

 

仮に年齢を重ねたとしても自毛植毛の治療が受けられなくなることはないため、髪の毛に関しての悩みはゆっくりと考えていくのが良いと言えるでしょう。

 

それに、莫大な費用がかかる治療ということで、最初に育毛剤や育毛シャンプーといった製品を試し、その上で自毛植毛の治療を考えるという流れがベストです。


「自毛植毛のFAQ」に関するページ