自毛植毛とかつらの違いは?

自毛植毛とかつらの違いは何?

「自毛植毛とかつらの違いは何なの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃるかもしれません。

 

どちらも髪の毛の量を増やして見た目のイメージをアップさせ、薄毛を隠すための方法ということには変わりないものの、自分の髪の毛なのか人工的な髪の毛なのかという点で大きく異なります。

 

かつらは頭部に被せて別の髪型に見せる人工的な髪の毛で、ポリエチレンといった化学繊維を利用して作られているのです。

 

人工毛とは言っても最近の技術は大きく進歩しており、自分の髪の毛と見間違えてしまうほど美しい印象を与えることができます。

 

その点、自毛植毛はクリニックで手術を行って自分の髪の毛を脱毛している部分に移植する方法ということで、かつらとは薄毛の改善の仕方が大きく異なることがお分かり頂けるはずです。

 

どちらにもメリットとデメリットがあるので、一概に適した方法は説明することはできませんが、「高い費用を支払っても自然なイメージに仕上げたい」のであれば、自毛植毛をクリニックで受けた方が良いでしょう。

 

自毛植毛は紛れも無く自分の髪の毛ということで、腕の良い医師の施術を受ければ違和感が生じることはなく、1回手術を受ければ後は半永久的に髪の毛が生えてくるのです。

 

移植する部分の髪の毛の量が多ければ高い費用がかかってしまうものの、薄毛の治療として現在では注目を集めているので、当サイトでご紹介しているTOMクリニック美容外科の利用をおすすめします。

 

技術力の高い医師が在籍しており、薄毛で悩む一人ひとりと親身になって無料カウンセリングを行ってくれるので、是非TOMクリニック美容外科の公式ホームページから申し込んでみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、見た目のイメージの違いだけではなく、メンテナンス費用がかかるかどうかも自毛植毛とかつらとの大きな違いだと説明できます。

 

自毛植毛は一度治療を行えば後は他の部位に生えている髪の毛と同じように成長を繰り返すので、定期的なメンテナンスを行う必要はありません。

 

しかし、かつらの場合は時間の経過によって劣化し、思うようなヘアスタイルにならなくなるので、耐久性の低下を防ぐためにもきちんとお手入れをしなければならないのです。

 

かつらのメーカーによって異なるものの、「かつらシャンプーセット 1,500円」「かつら染め直し 1,000円」「かつらのカット調整 5,000円〜15,000円」「アイロンやパーマ 2,000円」といった費用がかかります。

 

かつらを装着する限り、これらのメンテナンス費用を支払い続けなければならないということで、お手入れが面倒な方は自毛植毛を試みるようにしてください。


「自毛植毛のFAQ」に関するページ