自毛植毛は痛いの?

自毛植毛は痛いの?

薄毛の最後の砦とも言われている自毛植毛の治療中に痛いと感じることはなく、髪の毛の移植を行う前に局所麻酔が打たれます。

 

手術の直前に行う局所麻酔は注射が利用されているため、チクっとした痛みを感じることはありますが激痛ではありませんし、麻酔が効いてくれば感覚がなくなるはずです。

 

気持ちを張って弱音を一切吐かないような男性でも、実は痛いのが苦手というケースは意外と多く、自毛植毛に不安を抱えていることがあるかもしれません。

 

それでも、手術の最中に痛いを感じることは絶対になく、これはメスを使用するFUT法でもメスを使用しないFUE法でも両方の施術に該当します。

 

自毛植毛の治療を行っている最中にテレビやDVDを見ながら過ごせるクリニックは現在増えており、リラックスした雰囲気の中で治療を受けられることからも安全性の高さがお分かり頂けるはずです。

 

移植する本数によっては長い時間がかかり、その間に食事をすることも可能みたいなので、頭皮を切開するような治療でも痛いと感じることはないと説明できます。

 

このサイトでご紹介しているTOMクリニック美容外科では、治療の最中にリラックスしながら手術を受けられます。

 

従来の方法とは違ってメスを使わずに専用の機械を使用し毛包ごと採取する方法が採用されており、痛いと感じることなく自毛植毛が受けられるのでまずはTOMクリニック美容外科で無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、自毛植毛の治療自体は麻酔の効力で痛いと感じることはなくても、ドナーとなる部分を摂取する際に後頭部を切開する音は聞こえますし、植えつける際も目では見えなくても何となく音で感じ取れます。

 

そのため、痛いと感じなくても恐怖心を覚える可能性は高く、不安な方は施術の最中に耳栓といった対策を行った方が良いかもしれません。

 

治療の風景は自分の頭皮なので直接見ることはないですし、音が聞こえなければ少しでも恐怖心を抑えることができるはずです。

 

また、施術の最中は麻酔の効き目によって痛みを感じない方でも、その効力が弱まる数時間後にズキズキとした痛みを覚える方はいらっしゃいます。

 

特に、ドナーを採取した後頭部や側頭部といった部位にジンジンとした腫れるような痛みを訴える患者さんが多く、これは自毛植毛の治療では致し方ない現象なのです。

 

それでも、術後の痛みを抑えるために鎮痛剤が処方されるはずなので、日常生活に支障が生じることはないですし、何日間も痛い状態が続くことはないので安心してください。

 

自毛植毛の治療をクリニックで受けた方のほとんどが、歯医者での治療の方が遥かに痛かったとコメントしているので、その痛みに耐えられるのであれば自毛植毛の施術も我慢できるレベルだと考えて良いです。


「自毛植毛のFAQ」に関するページ