自毛植毛とHARG療法のどちらが良いの?

自毛植毛とHARG療法のどちらが良いの?

「自毛植毛とHARG療法のどちらが薄毛治療に適しているのか?」という疑問を抱えている男性はいらっしゃいます。

 

確かに、AGA治療の中でも自毛植毛とHARG療法は有名で、どちらの方が得られる効果が高いのか疑問を抱えるのは不思議ではありません。

 

しかし、自毛植毛とHARG療法とでは、薄毛の治療の方法が大きく異なるので比較するのは難しいのです。

 

簡単に説明すると以下のようになります。

 

 

自毛植毛⇒自分の後頭部や側頭部の毛髪を移植する

HARG療法⇒成長因子を頭皮へと注入して細胞の活性化を図る

 

 

自毛植毛が髪の毛の移植手術なのに対して、HARG療法は頭皮へと薬剤を注入し、発毛効果を高めていく治療なのです。

 

私たちのヘアサイクルは、髪の毛が成長を続ける「成長期」、細胞分裂が徐々に弱まる「退行期」、毛穴から押し出されて古い毛髪が抜け落ちる「休止期」に分かれております。

 

加齢による影響でAGAを発症するとこのヘアサイクルに異常が生じ、成長期が短くなって休止期が長くなることで抜け毛が増えて薄毛が進行するというメカニズムです。

 

そのヘアサイクルの乱れと毛髪の再生を促せるのがHARG療法で、限られたAGA専門クリニックで実施されております。

 

死んでしまったような毛母細胞でも、成長因子を含むタンパクやコエンザイムQ10・ビタミンBといった有効成分を含むカクテルを頭皮へと注入することにより、以前と同じように復活して発毛を促せるのです。

 

得られる効果が高いだけではなく、身体への負担を最小限に抑えられるからこそHARG療法は注目を集めているのかもしれません。

 

保険外治療と設定されているものの、自毛植毛のように200万円を超えることはなく、半年間から1年間での発毛率は99%近くなります。

 

もちろん、自毛植毛でも移植する毛髪の本数が少なければ60万円〜80万円程度に費用を抑えられますし、HARG療法でも治療が長引けば100万円を超えることもあるため、費用では比較できないのです。

 

それに、自毛植毛は脱毛した部分に100%髪の毛を復活させられるのに対して、HARG療法は広範囲に渡る薄毛には対応できないというデメリットがあります。

 

今の自分にどのようなAGA治療が適しているのか素人では判断できないので、専門医に話を伺ってみるのが良いのではないでしょうか。

 

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでは両方の治療法が実施されているので、医師と相談してこれからの対処方法を決めてみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの詳細はこちら

 

 


「自毛植毛のFAQ」に関するページ