自毛植毛は不自然なの?

自毛植毛は不自然なの?

技術力の低い医師が自毛植毛の治療を行うと、自分が想像していた状態とは大きく掛け離れた不自然な状態になることがあります。

 

自毛植毛は自分の髪の毛を移植しているので質感の不自然さが気になるケースは少ないものの、外科的な治療の一つということには変わりないのでそのリスクは生じるというわけです。

 

特に、仕上がりが不自然になりやすい部位が生え際で、一定の髪の毛の流れに沿って生えていると考えている方が多いかもしれません。

 

しかし、生え際の毛先をよく観察してみると、産毛と髪の毛がジグザグの状態で生えており、額の部位に自毛植毛を行う場合はその点を考慮する必要があります。

 

もちろん、クリニックに在籍しているほとんどの医師は専門的な技術と知識を持っているはずですが、その力が乏しい医師の施術を受けると生え際の特徴を無視して移植してしまい、結果的に不自然なラインが仕上がってしまうのです。

 

生え際は直線ではなく真ん中には富士額と呼ばれるピークがあり、無数に存在する凸凹によってヘアラインが構成されているので、その点を意識して自毛植毛を行うのが最も大事だと説明できます。

 

つまり、手術にかかる費用が安ければ安いほど良いわけではなく、信頼と実績のある医師にお願いしなければならないので、当サイトでご紹介しているTOMクリニック美容外科を受診しましょう。

 

自毛植毛の治療を専門とする医師がこのクリニックには在籍しており、今までに多くの症例を取り扱ったという実績もあるので、是非一度TOMクリニック美容外科で無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、日本人の髪の毛の量は成人の男性で約10万本となっており、1平方センチメートル当たり150本から200本程度で、この密度を無視した自毛植毛の治療が行われると不自然なイメージとなります。

 

密度の濃い部分と薄い部分の両方が頭皮に存在すれば違和感が生じるのは当然なので、この点においても担当医の実力は大事なのです。

 

とは言え、人工的に作られた髪の毛を頭皮に植え込む人工毛植毛と比べれば、自毛植毛は遥かに自然な仕上がりが期待できるでしょう。

 

どんなに技術が進歩しても、人工毛と自毛とでは質感に大きな違いがあるため、元々生えている周囲の髪の毛と馴染ませるには自毛植毛の方が適しております。

 

しかし、どちらの治療でも植毛を行うこと自体が不自然な行為で、加齢によって抜け毛が増えて薄毛の状態に導かれるのは自然の摂理だと考えられるはずです。

 

人間が持ち合わせている自然の摂理に背けば思わぬトラブルが待ち受けている可能性があることを、治療を受ける前に把握しておいてください。


「自毛植毛のFAQ」に関するページ