自毛植毛のどこがいいの?

自毛植毛のどこがいいの?

「自分の髪の毛を使用して移植を行う自毛植毛のどこがいいの?」という疑問は誰しもが抱えるかもしれません。

 

そこで、このページでは自毛植毛が他の薄毛の治療法と比べてどこがいいのか詳しく説明しているので、クリニックを受診する前にチェックしておいてください。


拒絶反応のリスクが少ない

自毛植毛は自分の髪の毛を別の部位に植え付けるだけなので、術後に拒絶反応が引き起こされるリスクが少なくなっております。

 

髪質も元々の自分の髪の毛と全く一緒ということで、不自然な状態にならないというのも利点の一つです。

 

現在のクリニックでは人工毛植毛の技術も大幅に進歩しており、人工毛の色や質感、太さなどを自分の髪の毛に合わせた施術が受けられるようになりました。

 

しかし、自分の体内には存在しない異物を頭皮に植え込むということで、炎症や化膿といった拒絶反応が引き起こされやすく、髪の毛が成長するわけではないので1年間程度で抜け落ちてしまいます。

 

その点、自毛植毛は安全に治療が受けられるだけではなく、高い生着率が確認されているということで現在の薄毛治療法の中でも高い支持を得ているのです。


定期的なメンテナンスの必要がない

自毛植毛によって移植して生え揃った髪の毛は紛れもなく自分の頭皮に存在していたものなので、定期的なメンテナンスの必要性がないという利点があります。

 

かつらの場合、自然で快適な使用心地を得るためには定期的なメンテナンスが欠かさず、ブラッシングだけでは思うようなヘアスタイルにならないのであれば専用の店舗でケアを行う時期です。

 

人工毛植毛の場合もいつまでも髪の毛が頭皮に残るわけではなく、少しずつ時間をかけて抜け落ちていくため、今の状態を維持したいのであればクリニックで定期的に施術を受ける必要があります。

 

その点、自毛植毛の場合は今までと同じようにシャンプーを行うだけで良いですし、特別なメンテナンスが要らないので追加で支払う診療費や薬代もかからないのです。

 

どの方法よりも施術にかかる費用が高かったとしても、結果的に自毛植毛の方が安かったというケースは決して少なくありません。


確実な効果が得られる

他の治療法と比べて確実な効果が得られるところが自毛植毛の利点で、約95%という高い成功率を誇っております。

 

メスを使用せずに処置を施すFUE法やロボットを使った治療などクリニックによって方法は異なるものの、近年では医療の発達によって高い効果が得られるようになりました。

 

ミノキシジルといった外用薬やプロペシアといった内服薬の服用による毛髪再生療法は個人差が激しく、毛母細胞が既に死んでいる場合は変化を感じることはできません。

 

つまり、誰でも治療が成功するわけではなく、長期間に渡って薬を服用したのにも関わらず自分の髪の毛に違いがないということも十分に考えられるのです。

 

その点、自毛植毛は個人の体質や髪質にあまり左右されず、確実な変化を得られるということで日本だけではなく欧米を中心とした世界でも注目を集めております。

 

 

 

上記の利点をチェックすれば、自毛植毛のどこがいいのかしっかりと把握できるのではないでしょうか。

 

「本数に限りがある」「かかる費用が高い」「生え揃うまでに時間がかかる」という欠点があるものの、得られる利点の方が遥かに大きいのでTOMクリニック美容外科での施術をおすすめします。

 

TOMクリニック美容外科では、自毛植毛で実際に生えている髪の毛をその場で確認できるので、まずは無料カウンセリングで医師による説明を受けてみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 


「自毛植毛のFAQ」に関するページ