自毛植毛のダイレクト法の費用

自毛植毛のダイレクト法の費用について

自毛植毛の治療としてi-Direct法(ダイレクト法)が世界的に主流となっており、「メスを使用しない」「切らない」という画期的な薄毛の治療法のことを指しております。

 

i-Direct法(ダイレクト法)による自毛植毛も保険が適用されないため、高い費用を支払わなければなりません。

 

確かに、以前まで主流だったFUE(Follicular Unit Extration)よりも高い費用がかかりますし、この治療法の知識を持っていない方からすれば怪しいと感じてしまう気持ちも分かります。

 

しかし、i-Direct法(ダイレクト法)は先の細いチューブパンチを使って毛の束のグラフトを採取し、空気圧を利用して脱毛部分に移植するという方法で、一連の施術において痛みがないだけではなく後遺症の心配もないのです。

 

しかも、今までの方法と比べて生着率が高いというメリットもあるため、1回の施術で大きな効果を得られる患者さんもいらっしゃいます。

 

治療にかかる費用が高いとしても、精度の高い治療なので1回で自毛植毛できる本数が多く、尚且つ安全性を一番に重視しているということで、i-Direct法(ダイレクト法)が優れていることがお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックでは、国内で唯一メスを使わないi-Direct法(ダイレクト法)での治療が可能となっております。

 

2010年の1月に料金の改定が行われ、自毛植毛にかかる費用が大幅に安くなって利用しやすくなったので、髪の毛の悩みを抱える方はアイランドタワークリニックで無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

 

さて、アイランドタワークリニックで行われている自毛植毛のi-Direct法(ダイレクト法)により、傷跡が目立たない理由はメスを使わないだけではありません。

 

一般的なFUEで使用されているパンチ(毛穴を採取する機械)が1.2mmという太さなのに対して、アイランドタワークリニックでは直径が0.8mmと非常に細くなっております。

 

熟練度の高い医師が細いパンチで自毛植毛を行っていくため、頭皮を傷付ける心配はなく後遺症が残る心配もないというわけです。

 

実際に、i-Direct法(ダイレクト法)を受けた患者さんは、「採取部分が目立たなくなった」「メスを使わないから安心感がある」「多少は費用が高くでも受けて損はなかった」「術後の痛みが皆無だった」という口コミを残しております。

 

メスで自分の身体を傷付ける治療で失敗してしまっては薄毛の改善どころではないので、安全性の高さが最大のメリットのダイレクト法を受けてみましょう。