自毛植毛後の出血

自毛植毛後の出血について

クリニックで自毛植毛の治療を受けた後に、出血が引き起こされる可能性があり、どの方法でもこのリスクは存在します。

 

メスを使用するにしても使用しないとしても、自毛植毛の手術の際は麻酔が用いられるため、施術中に痛みを感じることはありません。

 

しかし、麻酔が切れる当日の夜から翌日の朝にかけて痛みが増し頭痛で悩まされる方がいれば、しばらく出血が続くこともあり得るのです。

 

思いもよらぬ出血が生じたということで、「手術に失敗したのでは?」という不安を抱える患者さんがいらっしゃいますが、稀に見られる術後1日目から2日目の出血は血流が良い証となっております。

 

血がドバドバと垂れ流れるような危険性は自毛植毛の手術では絶対にありませんし、頭皮に僅かに滲む程度の出血であればティッシュや清潔なタオルで数分間に渡って圧迫をするだけで止血できるはずです。

 

この際に、植毛した部位に刺激を与えないようにするのが最も大事で、正しい方法で止血を行っていれば傷の治りは早くなりますし、感染症の予防にも繋がるのではないでしょうか。

 

出血を止める対処は大事ですが、当日は洗髪はできる限り避け、頭皮に刺激を与えないような措置を行わなければならないと医師から詳しく説明を受けるはずです。

 

このサイトでご紹介しているアイランドタワークリニックであれば術後のサポートも整っており、患者さんの細かい悩みにも親身になって相談に乗ってくれると思います。

 

それに、自毛植毛の治療経験が豊富な医師が在籍しており、メスを使わない安全性の高い施術も行われているため、術後の出血といったトラブルを回避できるはずです。

 

今だからこそ選べるお得なキャンペーンも実施されているので、まずはTOMクリニック美容外科の公式サイトにアクセスしてみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、自毛植毛の治療を行った後は患部にかさぶたが形成されることがあり、痒みで頭を掻き毟ってしまった際に出血することがあります。

 

出血したからといって植毛部位が駄目になるわけではありませんし、正しい方法で止血を行えば何も問題はなく、その後の髪の毛の成長に悪影響が生じることはないはずです。

 

ただし、私たちが想像している以上に頭皮はデリケートで、安全な施術でもダメージを受けている可能性が高いため、なるべく刺激を与えないようにしなければなりません。

 

痒くて仕方がなくても掻き毟るのは危険ですし、我慢できないような状態であれば治療を受けたクリニックに相談するのがベストです。


「自毛植毛のデメリット」に関するページ