自毛植毛のデメリット

自毛植毛のデメリットについて

クリニックで自毛植毛の治療を受けるメリットはたくさんあり、世界的に注目されているのは紛れもない事実ですが、幾つかのデメリットも存在します。

 

実際に高い費用を支払って治療を受けなければならないため、医師と良く相談し、きちんとデメリットを把握してから臨むようにしてください。


移植する毛髪の本数に限りがある

幾つかの治療方法があるので一概には説明できないものの、自毛植毛では移植する毛髪の本数に限りがあるのが最大のデメリットとなっております。

 

自毛植毛で利用するドナーは後頭部や側頭部といった目立たない場所から採取するため、使用できる面積には限界があるのです。

 

脱毛の進行スピードが速いという方は、頭頂部や生え際だけではなくドナー部位にも進んでいる可能性があり、自分の頭皮だけでは対処できないことも少なくありません。

 

それに、1回の施術では密度が薄く、数回に渡って治療を受けなければならないところもデメリットの一つだと説明できます。


思い通りの効果を得るまでに時間がかかる

メスを使用する自毛植毛の治療でも、メスを使わずに身体を傷付けないi-direct法でも、思い通りの効果を得るまでに長い時間がかかるというデメリットがあります。

 

他の頭皮から移植した自毛は一旦抜け落ちて、その後に生えて自然な見た目のイメージになるため、半年から1年間程度かかる場合もあるのです。

 

直ぐに薄毛を目立たなくさせる方法はかつらやウィッグの使用しかありませんが、地毛でフサフサの状態まで持っていくためには自毛植毛では長い期間を費やさなければならないと頭に入れておきましょう。


腫れと神経の麻痺が引き起こされる

メスを使用して自毛植毛を行う場合は、頭皮を切り取る際に小さな穴をあけるため、腫れや神経の麻痺が引き起こされることがあります。

 

治療による知覚過敏は一時的な症状ですし、時間の経過によって薄れていくものの、医療行為ということには変わりないので傷跡が残るケースも十分にあり得るのです。

 

また、詳しい原因に関しては解明されておりませんが、個人の体質によっては自毛植毛した周辺の頭皮から髪の毛が抜け落ちるショックロスが生じることもあります。


医師のセンスで見た目のバランスが悪くなることがあり

自毛植毛で自分の髪の毛を植え付けた場合でも、頭部や顔全体のデザインに対して見た目のバランスが悪くなるというデメリットがあります。

 

「前髪の位置が悪い」「生え際がアンバランス」という事態が生じることもあり、不自然さが増せば自毛植毛をする意味が無く、他人にバレることもあるのです。

 

もちろん、施術を行うのはクリニックに在籍しているプロフェッショナルですが、ヘアスタイルの発想ができるようなスタイリストではありません。

 

そのため、プロの美容師や理容師と提携しているようなクリニックを選び、自毛植毛を受けるのが自然なヘアスタイルを手に入れるコツなのです。


人工毛植毛のデメリットについて

上記では自毛植毛のデメリットについて記載しましたが、以前まで主流だった人工毛植毛にもデメリットはあり、こちらの施術の方が大きいと説明できます。

 

確かに、人工毛植毛は自分の頭皮から採取するのではなく、人工的に作られたグラフトが使用されるので、元々髪の毛が薄く脱毛が進行している方でも治療を受けられるのです。

 

しかし、「人体にとって異物を受けこむので1年程度で抜け落ちる」「感染症にかかる可能性がある」「何度もメンテナンスを行わなければならない」「1回に高い費用がかかるので結果的に自毛植毛よりも高額になる」といったデメリットがあることも把握しておかなければなりません。

 

人工毛植毛で理想のヘアスタイルを手に入れられたとしても、1年間のうちに半分程度は抜け落ちることが多く、元の状態に導かれてしまうためTOMクリニック美容外科で自毛植毛を受ける方が遥かに良いと説明できます。

 

しかも、TOMクリニック美容外科ではメスを使わない治療に力を入れており、患者さんの身体に大きな負担をかけずに施術を施せるので、一度医師との無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 


「自毛植毛のデメリット」に関するページ