自毛植毛で通院

自毛植毛で通院する必要はあるの?

「自毛植毛の治療をクリニックで受けた後に通院する必要はあるの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

手術後の通院頻度に関しては治療方法によって異なるので一概には説明できませんが、治療を受ければ全て完了というわけではありません。

 

病院への通院によって薬剤を処方してもらったり塗布してもらったりというわけではないものの、自毛植毛は術後のケアが非常に重要となっております。

 

事前のカウンセリングで治療内容の確認や日取りを決めた後、日帰りで行える治療を行ったら採取をした部分の傷口のチェックや抜糸を行っていくのです。

 

メスを使用した自毛植毛であれば抜糸は必要ですし、安全な治療とは言え個人の体質によっては患部が炎症を引き起こしている可能性があります。

 

速やかに対処しなければ周りの髪の毛が抜けてしまうかもしれませんし、移植した部位にも何かしらの悪影響が生じるため、術後の通院は必要不可欠というわけです。

 

もし、術後の頭皮やまぶたの腫れといった症状が気になるのであれば、自分勝手な判断で対処するのではなく、通院の必要性がなくても念のために治療を受けたクリニックへと足を運んだ方が良いでしょう。

 

また、メスを使用しないFUE方式の自毛植毛の治療を受けた場合は、毛包を縫い合わせているわけではないので抜糸の必要がなく、通院も義務付けられることはないはずです。

 

移植した部位のかさぶたが自然に剥がれ落ちるまでは手を施さなくても良いですし、自毛植毛後のアフターケアの方法に関しては事前に担当医から詳しく説明されます。

 

「できる限り頭皮に刺激を与えない」「シャンプーは翌日から」「激しい運動を避ける」と日常生活を送る上での細かい注意点は幾つもあるので、医師からの指示をノートに書いておくべきです。

 

ただし、毛根を移植した部位に創傷治療を行った場合は2日後か3日後に通院が必要で、医師の指示に従って処置を施してもらった方が良いかもしれません。

 

それに、自毛植毛の治療を行った後に特別な処置を施さないとしても、術後1ヶ月から2ヶ月の頭皮チェックや、新しい髪の毛が生え揃う半年後の最終チェックのために数回の通院をおすすめします。

 

当サイトでご紹介しているTOMクリニック美容外科はサポート体制に気を配っているので、患者さんのことを考えて通院を指示するはずです。

 

TOMクリニック美容外科に在籍している医師の指示に従って治療を受けていれば薄毛の悩みを克服できるはずなので、自毛植毛を考えている方は一度無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 


「自毛植毛の病院」に関するページ