自毛植毛を海外で

自毛植毛を海外で

「自毛植毛の治療は海外で受けられるの?」という質問をされる方がいらっしゃいます。

 

実際に、日本よりも欧米といった海外の方が自毛植毛の治療に積極的に取り組んでおり、日本の技術に関してはアメリカと比べて劣るのは事実です。

 

その証拠として、アメリカやカナダといった海外では、術後のトラブルが多く危険性が高いということで法律で禁止された人工毛植毛が日本では現在でも実施されております。

 

日本では禁止されていないのですが、自分の髪の毛を移植する自毛植毛と比べて、人工毛植毛は異物となるものを頭皮に植え込むため炎症やただれといったリスクが高いのです。

 

安い費用で施術を受けられたとしても、海外では誰もやりたがらないような治療なので、自毛植毛の方が遥かに安全だと言えるのではないでしょうか。

 

それに、欧米では自毛植毛だけではなく美容に関する薄毛対策も全てを含めると、1年間で100万症例に至るとのデータが残されております。

 

つまり、日本よりも自毛植毛の治療が進んでいるのは紛れもない事実なので、最先端の治療を受けるために海外へと足を運ぶのは選択肢の一つかもしれません。

 

しかし、日本のクリニックよりも高い費用を支払わなければならないかもしれませんし、航空チケット費用や滞在費などを考慮すると海外での治療はあまりおすすめできないのです。

 

日本に帰ってきてから頭皮のトラブルに気が付いたとしても、その症状を診てもらうためにまた現地に行くのは現実的ではありませんし、サラリーマンの方であれば頻繁に会社を休むのは難しいと言えます。

 

中には、自毛植毛にかかる費用を少しでも安くするために、韓国やタイといった国々で治療を受けている方がいらっしゃいますが、これもできる限りやめた方が良いです。

 

確かに、欧米での自毛植毛の治療に比べれば遥かに安い費用で処置を施せるものの、トラブルの補償サービスが受けられないことが多いですし、少量の植毛を考えている人は海外での治療ができない仕組みになっております。

 

それでも施術の精度に関しては日本と比べて遜色ありませんし、説明会が実施されていたりパッケージツアーが用意されていたりとメリットはあるので、選択肢の一つとして考慮するのは良いかもしれません。

 

海外ではなく日本で自毛植毛を受けたいのであれば、東京と大阪にクリニックを構えるTOMクリニック美容外科がおすすめです。

 

日本の病院の中で最もサポート体制と最新の医療に焦点を当てており、安全に髪の毛を増やす治療を受けられるので、まずはTOMクリニック美容外科で無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 


「自毛植毛の病院」に関するページ