自毛植毛を皮膚科で

自毛植毛を皮膚科で

美容皮膚科では自毛植毛の治療が行われており、その方法は異なるものの一般的には、「ドナーを採取」→「細かく分割してグラフトを作る」→「そのグラフトを脱毛部位に移植する」という流れになっております。

 

通常の皮膚科ではこのような自毛植毛は行われておりませんが、美容皮膚科であれば審美目的の治療も受けられるのです。

 

現在では自毛植毛が最も広く行われている毛髪移植手術で、自分の後頭部や側頭部の髪の毛を使用していきます。

 

これらの部位の髪の毛は男性ホルモンの影響を受けにくく、薄毛が進行している患者さんでも頭皮に残されているケースが多いため、自毛植毛が施せるという仕組みです。

 

髪の毛のカールや長さ、質感などを患者さんの毛髪に合わせて作って移植できる人工毛植毛も美容皮膚科では実施されております。

 

現在では医療の発達によって大分安全に処置を施せるようになりましたが、それでも自毛植毛と比べると拒絶反応を引き起こすリスクが増すため、積極的に勧めることはできません。

 

自毛植毛は毛乳頭と呼ばれる部分を傷付けることなく移植でき、一生ハゲることなく髪の毛が抜けて生えるというサイクルを取り戻せるので、素晴らしい治療だということがお分かり頂けるはずです。

 

この治療を採用している美容皮膚科の一つがTOMクリニック美容外科で、今までに数多くの患者さんに施術を行ってきました。

 

技術の研鑽と研究を重ね、アフターサポートにも力を入れているクリニックなので、自毛植毛を考えている方はTOMクリニック美容外科で無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、美容皮膚科では自毛植毛を中心とする毛髪と関連した手術だけではなく、他の治療も幅広く受けることができます。

 

今現在において新しいジャンルの一つが美容皮膚科で、アンチエイジングを目指したりリジュビネーションを始めとする治療も受けられるのです。

 

各種レーザーといった機械を用いて、光脱毛・ケミカルピーリング・リフトアップ・ほくろの除去・シミの治療・ボトックス注射・ヒアルロン酸注射など、非常に幅広い施術を受けられます。

 

男性にとってはあまり馴染みがないかもしれませんが、美容を意識している女性のサポートをしてくれるので、何か悩みを抱えている方は美容皮膚科で相談してみるのが良いのではないでしょうか。

 

取り入れられている施術の方法や料金には違いが生じているので、公式ホームページなどを見て事前にチェックしておくべきです。


「自毛植毛の病院」に関するページ