自毛植毛と前頭部

自毛植毛と前頭部について

薄毛が進行していくと抜け毛は一向に減ることはなく、前頭部のハゲに繋がるというケースは実に多いため、悩まされている方はいらっしゃいます。

 

クリニックで行われている自毛植毛であれば、前頭部の脱毛でも改善することが可能で、フサフサに近い状態まで持っていくこともできるのです。

 

どの程度の密度で治療を施すのかによっても異なるものの、生え際やM字を自毛植毛する場合と比べて、前頭部は費用が高くなってしまうかもしれません。

 

植毛範囲が80平方センチメートルで密度を25%〜30%程度まで増量するのであれば、大よそ100万円以上の費用が必要となります。

 

それでも、前頭部の薄毛は目立ちやすい部位の一つですし、見た目のイメージが悪くなりやすく、育毛剤を使っていたとしてもフサフサの状態まで持っていくことは困難です。

 

その個人のコンプレックスを解消してくれる方法の一つが自毛植毛で、高い費用を支払わなければならないとしても、確実に髪の毛を植えつけて見た目の印象を上げてくれます。

 

ハッキリと言って、自毛植毛よりも効果の高い薄毛改善法を探すのは難しく、現代では自分の髪の毛を植え付ける方法が最も高い支持を得ているのではないでしょうか。

 

前頭部の自毛植毛でどの程度の費用がかかるのか自分では把握できないはずなので、当サイトでご紹介しているTOMクリニック美容外科で相談することをおすすめします。

 

2013年の4月現在では、何と99%という脅威の発毛率を残しており、どんな症状の男性でもAGAを克服できるはずです。

 

サポートが非常に充実しており、無料カウンセリングを受けることもできるので、インターネットでTOMクリニック美容外科に申し込んでみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、前頭部や頭頂部といった部位が禿げ上がっていたとしても、自毛植毛であれば自分の別の部位の髪の毛を移植するだけなので、ドナーが残っていれば処置を施すことはできます。

 

薄毛が進行している方でも後頭部や側頭部といった部分の髪の毛は残っていることが多く、生命力の強い部位の髪の毛を前頭部に移植すれば一度抜け落ちてもまた新しい髪の毛が生えてくるという仕組みです。

 

しかも、人工毛植毛とは違って自分の髪の毛を使用するため、拒絶反応による炎症や化膿といったリスクは下がっております。

 

頭皮といった身体の部位に大きな負担をかけることなく治療を受けられるからこそ、自毛植毛は世界で注目を浴びているのかもしれません。

 

もちろん、ドナーの部分の髪の毛が少なければ移植できる本数には限りがあるので、どの程度採取できるのかクリニックを受診して確かめてみましょう。


「自毛植毛の部位」に関するページ