自毛植毛と眉毛

自毛植毛と眉毛について

頭頂部や前頭部といった頭皮ではなく、眉毛に自毛植毛を行えるのかどうか疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

現代では以前と比べて医療技術が上がり、頭皮だけではなく眉毛にも自毛植毛ができるようになりました。

 

実際に、事故や怪我で眉毛を失い、強面になるのを避けるために眉毛の自毛植毛をクリニックで受けている方は少なくありません。

 

自分の頭皮に生えている髪の毛を眉毛へと植毛する手術は限られて医療機関で受けることができ、まつげや眉毛が多いものの、胸毛やアンダーヘアを増やすこともできます。

 

「太くて凛々しい眉毛にしたい」「細くてシャープな眉毛にしたい」と考える人は多く、眉毛の形や濃さによって顔全体の印象が決まるので当然です。

 

男性は女性のようにメイクをする機会が皆無で、眉毛が薄かったり少なかったりという状態を避けるために眉墨で描くとその部分だけ強調されて違和感が生じるので避けた方が良いでしょう。

 

そこで、眉毛への自毛植毛が選択肢の一つとなっており、頭皮の薄毛のように大量にドナーを必要とするわけではないので、かかる費用は基本的に安くなっております。

 

当サイトでご紹介している紀尾井町クリニックでも眉毛への自毛植毛が実施されており、50本で27万円、100本で約32万円、200本で約43万円、300本で約54万円という費用です。

 

頭皮と同じように移植した毛髪は一旦抜け落ち、3ヵ月後くらいから生え始めて成長していくので、眉毛の悩みを抱えている方は紀尾井町クリニックを受診してみてください。

さて、現在では眉毛への自毛植毛ができるということで、実際に男性も女性もクリニックで手術を受けております。

 

手術時間は大よそ1時間から2時間と短いので身体への負担は一切かかりませんし、自分の毛髪から採取しているので拒絶反応のリスクもないのです。

 

技術力の高い医師であればただ移植するだけではなく、仕上がりのデザインも考慮してくれるので、違和感のない状態を手に入れられるのではないでしょうか。

 

ただし、毛髪を移植するとドナートミントの法則に従い、以前と同じように生え続けるという性質があります。

 

つまり、眉毛に移植した毛髪は頭皮に生えていた状態と同じように伸び続けるため、定期的にカットして不自然な状態を回避するべきです。

 

また、眉毛と同じようにまつ毛への自毛植毛を希望する方がいらっしゃいますが、これは避けた方が良いかもしれません。

 

頭皮への自毛植毛による定着率は95%以上と非常に高いものの、まつ毛は50%程度と低く、移植した髪の毛が無駄になる可能性が高いので十分に注意してください。


「自毛植毛の部位」に関するページ