自毛植毛とまつ毛

自毛植毛とまつ毛について

まつ毛

「まつ毛に自毛植毛はできるの?」という疑問を抱えている方は意外と多く、男性にとってはあまり馴染みがないかもしれませんが、女性にとっては顔を引き立たせるための重要な存在となっております。

 

綺麗に伸びた長くてフサフサのまつ毛は美容を気遣う女性の憧れですし、外人のような長いまつ毛を手に入れたいと考えている方は少なくありません。

 

実は、自毛植毛は頭皮だけではなくまつ毛にも可能となっており、同じようにご自分の髪の毛を機械で採取し、まつ毛に植毛していきます。

 

他の部位と同じように生着すれば本来の自分のまつ毛となるため、目を掻き毟ったりして抜けたとしても年月を経てまた生えてくるはずです。

 

欧米人と比べると毛周期や伸びるスピードに大きな違いが生じ、「まつ毛が短い」「まつ毛が細い」という特徴があるため、自毛植毛を考えている女性の方が多いと説明できます。

 

マスカラやビューラーといった製品は以前から数多く販売されており、女性には欠かせない必須アイテムとなりましたが、それだけでは物足りないという方は、クリニックで自毛植毛の施術を施しているのです。

 

元々自分の髪の毛から採取しているため、拒絶反応を引き起こすリスクはなく、毎朝のマスカラで時間をかけることもなくなり、自然とボリュームのある状態を維持できるでしょう。

 

当サイトでご紹介しているTOMクリニック美容外科の公式ホームページでは、まつ毛への自毛植毛ができるとは記載されておりませんでした。

 

それでも、無料カウンセリングでありとあらゆる悩みの相談に乗ってくれるはずなので、理想のまつ毛を手に入れたい女性はTOMクリニック美容外科を利用してみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、付けまつ毛のようにメイクを施すのではなく、自毛植毛を行えば全て自分のまつ毛へと生まれ変わるということで、女性の中で治療を受けている方は意外と多くいらっしゃいます。

 

しかし、頭頂部や生え際への植毛の定着率が95%なのに対し、まつ毛への植毛は50%と遥かに低いというデメリットがあるのです。

 

クリニックでの治療に成功したとしても、自分のまぶたに定着しなければ自然と抜け落ちてしまいますし、50本を植えつければそのうちの25本は無駄になります。

 

しかも、自毛植毛によって増やしたまつ毛は、本来のまつ毛と比べて質感が違いますし、太さや伸びるスピードも異なるため不自然なイメージになるケースも少なくありません。

 

このように、頭皮への自毛植毛と比べて失敗する確率が高く、高い費用を支払ったのにも関わらず効果が得られないこともあるので、できる限り付けまつ毛やエクステで我慢するべきです。


「自毛植毛の部位」に関するページ