自毛植毛と陰毛

自毛植毛と陰毛について

自毛植毛は全ての方がクリニックで手術を受けられるわけではなく、髪の毛の量が一定以上なければ移植することができません。

 

そこで、移植するドナーがなくなった方は、陰毛を髪の毛へと移植できないのか考えるはずです。

 

確かに、陰毛はそこまで重要な部分ではありませんし、この部位の毛を頭皮へと自毛植毛できるのであればすね毛や腕毛なども使えるのではないでしょうか。

 

実際に、海外では体毛を頭皮へと移植する自毛植毛が実施されており、ドナーが少ない方には有効だとされております。

 

しかし、陰毛の本数では頭部全体をカバーするには圧倒的に足りないですし、自毛植毛を受けてもあまり変化がないという状況に陥る可能性があるのです。

 

保険が適用されない自毛植毛は費用が高いですし、手術を受けても無駄になってしまいます。

 

それに、陰毛はご存知のように縮れており、移植した部位でも同じ性質を受け継ぐドナードミントという法則があるため、陰毛では見た目に違和感を覚えてしまうはずです。

 

これは陰毛だけではなくすね毛にも言えることなので、髪の毛で自毛植毛を受けるのが最も無難かもしれません。

 

当サイトでご紹介しているTOMクリニック美容外科であれば医師の技術力が非常に高く、違和感のない見た目を手に入れられるので、まずは無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、上記でご説明した内容とは反対に、「髪の毛を陰毛に移植できないか」と考えている方はいらっしゃるはずです。

 

元々体質的に毛が薄い方は陰毛も同じように薄いはずですし、「恋に積極的になれない」「異性の前で裸になれない」とコンプレックスを感じている方はいらっしゃいます。

 

それに、陰毛の悩みは気軽に相談する機会がなく、一人で悩みを抱え込んでいるケースは実に多いのではないでしょうか。

 

加齢によって抜け落ちることも少なくありませんが、自毛植毛によって髪の毛を陰毛に移植することは十分に可能です。

 

後頭部の髪の毛を頭頂部や生え際といったAGAの進行しやすい箇所に植えつけるのと同じように、陰部に移植する場合も自分の細胞と同じものを使うため、拒絶反応のリスクがゼロというメリットがあります。

 

手術の方法は通常の自毛植毛と酷似しており、陰部の周辺に麻酔を打ち、頭皮から採取した毛髪を1本ずつ植えつけていくという流れです。

 

施術後の仕上がりが自然になるようにあまり多くの本数を移植しないため、莫大な費用がかかることはありません。

 

ただし、元々は頭皮に生えている髪の毛なので、適度な長さで落ち着くことがなく、その時々でカットが必要だと心得ておくべきです。


「自毛植毛の部位」に関するページ