自毛植毛と生え際

自毛植毛と生え際について

おでこの生え際に生じている薄毛を治すのが最も大変だと考えられており、この部位は脱毛が生じやすい部位となっております。

 

「不自然な生え際が気になる」「生え際がどんどん後退している」という悩みを抱える方は多く、そのような方にはクリニックで行われている自毛植毛がおすすめです。

 

生え際のヘアラインをナチュラルにするためにはかなりの密度アップが必要となり、外用薬や内服薬といった薄毛治療では対応し切れないかもしれません。

 

そんな状態の患者さんに適した治療が自毛植毛で、自分の後頭部や側頭部に生えている強い髪の毛を植えつけるため、毛髪の密度を大きく上げられます。

 

元々は自分の髪の毛なので植え付けた毛髪が抜けてしまったとしても、一定のサイクルを経て生え変わるので、どの薄毛治療と比べても高い改善作用が得られ外観を変化させられるのです。

 

女性の場合はおでこが広いところがチャームポイントになったりしますが、男性の場合は大きく異なり、生え際が後退しているだけで「M字ハゲ」や「若ハゲ」と酷い言われ方をされます。

 

これがコンプレックスの大きな原因になっているのであれば、後退した生え際を自毛植毛手術で治療するために、当サイトでご紹介しているTOMクリニック美容外科を利用してみるべきです。

 

M字ハゲを治すために生え際に髪の毛を植えつける時には、「ヘアラインをどの程度下げるのか?」「どのくらいの濃さにするのか?」といった点を考慮する必要があります。

 

つまり、施術者の技術が非常に重要で、信頼できる医師が在籍しているクリニックで手術を受けなければなりません。

 

M字に効く自毛植毛というページでもこの点について記載されていたので、当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックの無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

 

さて、薄毛で悩んでいる方は、「なぜおでこのサイドの生え際部分が薄くなるの?」という疑問を抱えているかもしれません。

 

それは、この部位に脱毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)を生み出す5αリダクターゼ2型が多いからです。

 

実は男性ホルモンが直接的な原因で薄毛を引き起こしているわけではなく、5αリダクターゼ2型という酵素が深く関係しております。

 

生え際はこのような理由で後退しやすく、後頭部や側頭部といった部位の髪の毛は男性ホルモンの影響を受けにくいため、自毛植毛の治療として使われているのです。

 

生え際のラインだけではなく頭頂部の薄毛の改善としても自毛植毛は適しており、人工毛とは違って自分の髪の毛を使用するため拒絶反応が引き起こされることはほぼありません。

 

どの治療と比べても安全性が高いので、上記でご紹介したTOMクリニック美容外科を利用してみるべきです。


「自毛植毛の部位」に関するページ