自毛植毛とエクステ

自毛植毛とエクステについて

「自毛植毛を行ってまつ毛を伸ばすのとエクステを装着するのとではどちらが良いの?」という疑問を抱えている女性の方はいらっしゃいます。

 

まつ毛エクステとはまつげエクステンションのことを指し、人工のまつげをグルーと呼ばれる接着剤で装着していくのです。

 

付けまつ毛と比べてまつ毛エクステの方が自然なイメージに仕上がることが多く、1度装着すれば2週間から3週間程度は持つところが大きなメリットかもしれません。

 

化学繊維で作られたまぶた部分に装着するカツラのようなイメージで、長くて美しいまつ毛を手に入れるために一昔前からエクステは流行っておりました。

 

どちらの方法にもメリットとデメリットがあるので一概には説明できませんが、コストの面を考えるのであれば自毛植毛よりもまつ毛エクステの方が適しております。

 

クリニックで自毛植毛を行う場合、まぶたに植えつける髪の毛の量は少ないため、頭頂部や生え際の薄毛を改善する時と比べて安い費用で済むはずです。

 

それでも、自毛植毛自体が自由診療で、手術にかかる費用全てを自分で負担しなければならないということで、数十万円以上は確実にかかると心得ておいた方が良いでしょう。

 

その点、まつ毛エクステであれば美容サロンを訪れ、ボリュームさや華やかさを重視して40本の施術を行ったとしても5,000円から6,000円程度の費用で済みます。

 

エクステのもちを良くするために、オプションとしてトリートメントを行ってもせいぜい1,000円から2,000円を上乗せするだけなので、想像以上に安い料金で処置を受けられるのです。

 

もちろん、格安で付け放題プランなどに活用されているシルクや、自まつ毛との相性が良くて自然に馴染みやすいと言われているセーブルといったエクステの種類によっても料金は異なります。

 

しかし、自毛植毛よりは圧倒的に安いですし、現在ではセルフで処置を施せるエクステキットが通販で販売されており、もっと格安の料金で美容を促すことができるのです。

 

仮に自毛植毛でまつ毛の量を増やせたとしても、定着率が頭皮よりも悪いため自然と抜け落ちてしまいますし、本来のまつ毛とは質感が大きく異なるため、付けまつ毛よりも不自然になるかもしれません。

 

以上のようなデメリットが自毛植毛にはあるので、理想のまつ毛を手に入れたいという女性は、美容サロンでの施術やエクステキットを利用した方が良いのです。

 

ただし、まつ毛エクステは100%安全というわけではなく、使用するグルーによってアレルギー反応が生じ、痒みや赤み、腫れといった症状が引き起こされるかもしれないので、できる限りプロの方に施術を行ってもらうようにしてください。


「自毛植毛の部位」に関するページ