自毛植毛と運動

自毛植毛と運動について

運動

自毛植毛は安全性の高い薄毛の治療ということで知られておりますが、植えつけた毛髪が頭皮に定着するかどうかは術後の2週間にかかっていると言っても過言ではありません。

 

そのため、手術が成功したからといって安心するのではなく、頭皮や身体への負担を最小限に抑えるためにも激しい運動は避ける必要があります。

 

激しい運動をして身体を動かしているとアルコールを摂取した状態と同じように血行が促され、衝撃や振動が加わって髪の毛が剥がれ落ちる可能性があるのです。

 

ちょっとした衝撃で剥がれ落ちるほど自毛植毛による施術は柔ではないものの、多少なりとも頭皮に悪影響を与えるリスクがある以上、激しい運動を避けるべきだと医師から忠告されるでしょう。

 

どんな方法で自毛植毛を行うにしても、運動が身体に与える影響は想像以上に大きいため、歩くといった人間に欠かせない動きならばまだしも、術後2週間から1ヶ月くらいまでは運動を控える必要があります。

 

激しい運動を行ったことで植えつけた毛髪が抜けてしまっては薄毛の治療に繋がらないため、自宅で安静に過ごさなければならないというわけです。

 

このサイトでご紹介しているTOMクリニック美容外科で行われている自毛植毛も同じように、効果が高い方法だとしても運動によってその効果が妨げられる可能性があります。

 

TOMクリニック美容外科の医師から詳しく説明があるはずですが、専門医の指示に従ってアフターケアを行い、薄毛の解消に努めるようにしてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、個人の症状によって異なるので一概には説明できないものの、どんな自毛植毛の手術でも術後から4日目までは軽い運動でもなるべく控え、自宅で静養に努める必要性があります。

 

植毛してから5日目から13日目であれば、ウォーキングやサイクリングといった軽い運動ならば可能で、身体に大きな刺激を与えなければ毛髪に悪影響が引き起こされることはないはずです。

 

自毛植毛してから2週間が経過すれば日常生活での制限はなくなりますが、念のためにランニングや筋力トレーニングといった激しい運動は1ヶ月が経過するまで待った方が良いでしょう。

 

また、術後1ヶ月までは太陽から降り注ぐ紫外線によって色素沈着が引き起こされるリスクがあるため、直射日光を避けるために外出時は帽子を被って頭付近を保護するというケアも重要です。

 

ただし、長時間の帽子の着用によって頭皮が蒸れると、細菌が繁殖しやすくなって植毛した髪の毛にダメージが加わるため、小まめに汗を拭き取るような対策を練ってください。


「自毛植毛のアフターケア」に関するページ