自毛植毛とタバコ

自毛植毛とタバコについて

タバコ

各クリニックや病院によって方針が異なるので一概には説明できませんが、原則的に自毛植毛の治療を受けた後はタバコを控えるように医師から説明を受けるはずです。

 

「○○日を過ぎれば喫煙は問題ない」という明確な指標は存在しないものの、タバコを吸うことによって傷の治りが遅くなると考えられております。

 

メスを使用しない自毛植毛でも頭皮には幾らかのダメージが引き起こされているはずなので、早く傷を治すためにもタバコは控えた方が良く、移植毛の生着率が下がる危険性も示唆されているのです。

 

実際に生着率が下がらないにしても、タバコが身体にとって良い影響を与えることは何一つなく、百害あって一利なしなのは事実なので最低でも術後2週間は禁煙を試みた方が良いかもしれません。

 

この一時的な禁煙がきっかけとなり、タバコを完全に絶つことができたのであれば、自毛植毛による薄毛の改善と健康の維持の両方を手に入れられるので一石二鳥だと説明できます。

 

このサイトでご紹介しているアイランドタワークリニックの公式サイトでも、手術を受けてから最低でも1週間はタバコを吸わない方が良いとの記載がなされているので、その指示に従うべきです。

 

TOMクリニック美容外科では、国内でもトップクラスを誇る最先端の医療設備に加えて、充実した医療スタッフを取り揃えて患者さんに施術を行っております。

 

薄毛の方が抱える根本的な悩みを解決するとともに、リラックスした空間の中で心と身体のケアも同時に行っているので、まずは気軽に無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、喫煙者の中には薄毛とタバコには特に関係性がないということで、そのまま吸い続けている方はいらっしゃいます。

 

しかし、タバコの中には想像を絶するような化学物質が含まれており、そのうちの一つであるニコチンが血管を収縮させ、毛細血管の血流を悪化させるため髪の毛に行き渡る酸素や栄養素の量が減少するのです。

 

つまり、タバコを継続的に吸っている方の髪の毛は細く弱くなりやすいため、栄養不足が引き金となって薄毛を引き起こすのは決して不思議ではありません。

 

血液やリンパの流れを良くすることで発毛や育毛に繋がるという考えは決して間違いではないですし、タバコが髪の毛に与える影響は実に大きく、これはクリニックで行われる自毛植毛の治療にも同じことが言えるのです。

 

以上のことから、本気で薄毛の改善に取り組みたいと考えている方は、今直ぐにでも禁煙にチャレンジしてみてください。


「自毛植毛のアフターケア」に関するページ