自毛植毛と洗髪

自毛植毛と洗髪について

洗髪

クリニックによって方針は異なるので一概には言えないものの、基本的に自毛植毛の手術を行った当日は洗髪の方法に注意しなければなりません。

 

自毛植毛の治療が終わったら全ての毛髪が頭皮に馴染むわけではなく、定着しなければただ抜け落ちるだけとなり、高い費用を支払って行った治療が全て無駄になってしまいます。

 

植毛した髪の毛が頭皮に馴染むかどうかは術後の2週間までのケアが非常に重要となるため、当日の洗髪は刺激の強い界面活性剤が含まれたシャンプーの使用を避け、お湯で濯ぐだけにするべきです。

 

ドラッグストアといった市販で販売されているようなシャンプー剤の中には、基本的に石油系の界面活性剤が含まれており、汚れを落とす洗浄力を高めるための成分だと説明できます。

 

この成分が髪の毛や頭皮に悪影響を与えることは間違いなく、自毛植毛した後の髪の毛が抜けやすくなるため注意しなければならないのです。

 

もちろん、洗髪の方法にも気を配る必要があり、治療が終わってから2日から3日までは髪の毛が抜け落ちないように優しく擦らないように洗いましょう。

 

お湯のみの洗髪は手術の当日だけで良く、48時間程度が経過すれば普段通りにシャンプーを使用しても問題はないはずです。

 

つい毎日のクセで擦り洗いをしてしまう方は、スプレーを使って髪の毛を濡らす程度の洗髪が適しており、自毛植毛を行ってから数日が経過した後はシャワーの水流を弱めに設定して綺麗に洗い流していきます。

 

自毛植毛の施術を受けた方の中には、「頭皮にダメージを与えないために数日間は洗髪しない方が良いのでは?」と考えるかもしれません。

 

しかし、何日間もシャンプーをせずに放置していると雑菌が繁殖して頭皮の状態が悪化しますし、感染症を患うリスクも増すのでこのようなケアは避けるべきです。

 

ゴシゴシと洗わなくてもお湯で髪の毛に付着している半分以上の汚れを落とせますし、自毛植毛を行った直後だからこそ患部の清潔さをきちんと保つ必要があります。

 

また、髪の毛を乾かす時にタオルでゴシゴシと力を入れすぎると刺激が加わり、植毛部位にできたかさぶたが剥がれることもあるので、タオルでポンポンと押すように水気を取った後はドライヤーを使用しましょう。

 

このサイトでご紹介しているTOMクリニック美容外科であれば、施術が終わった後のアフターケアとして、洗髪の方法まで詳しく説明してくれるはずです。

 

TOMクリニック美容外科の「ARTAS SYSTEM」による自毛植毛では、画像誘導式自動毛髪調整や安全センサーを使用し、効果と安全性の両方を高めた手術を受けられるので、無料カウンセリングで医師から説明を受けてみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 


「自毛植毛のアフターケア」に関するページ