自毛植毛とプロペシア

自毛植毛とプロペシアについて

プロペシア

プロペシアはフィナステリドと呼ばれるAGAを治療するための内服薬で、アメリカのメルク社が開発し、厳しいチェックが行われるFDA(米国食品医薬品局)に認可された医薬品となっております。

 

自毛植毛治療をクリニックで受けた後に、プロペシアを服用すると効果が高まると言われており、これが事実なのか気になる方はいらっしゃるはずです。

 

確かに、プロペシアは男性型脱毛症の治療に最適だと考えられている医薬品の一つで、医師の指示に従って1日に1mgを厳守して服用することで抜け毛の進行スピードを抑えることができます。

 

髪の毛もより太く育つことが長年の研究によって解明されており、自毛植毛だけでは改善が難しい重度の薄毛の方は、プロペシアの処方を同時に行うのは選択肢の一つかもしれません。

 

自毛植毛によって植えつける髪の毛は原則的に側頭部や後頭部で、脱毛ホルモンと呼ばれているジヒドロテストステロン(DHT)の影響を受けにくく、治療が終わった後も抜けずに長く残り続ける性質があります。

 

一度髪の毛が抜けても一定のサイクルで生え変わるため、自毛植毛は効果的な治療だと言えるものの、元々生えていた頭頂部や生え際は抜け毛を引き起こしやすいのでプロペシアの力を借りるというわけです。

 

プロペシアは世界60ヶ国で愛用されている内服薬の一つで、日本では2005年の10月に厚生労働省の輸入承認を得て人々に提供されるようになりました。

 

プロペシアを服用することでAGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を司っている5α-還元酵素を阻害してくれるため、髪の毛の成長期が長くなってコシが出たり、休止期の毛穴から生えている髪の毛も成長したりという効果が得られます。

 

短期間では大きな変化は得られないかもしれませんが、周囲の抜け毛が減れば植毛した部位との毛の濃さの違いが発生しにくく、自然な状態をキープしやすいので自毛植毛の治療後にプロペシアを服用する方が多いのです。

 

実際に、湘南美容外科クリニックでは患者さんに自毛植毛の施術を行った後、アフターケアとしてプロペシアの投薬治療も同時に行っております。

 

以上のような説明を受けて素晴らしい医薬品だと考える方はいらっしゃるものの、「肝機能障害」「顔面腫脹」「乳房圧痛」「抑うつ症状」「前立腺癌」「蕁麻疹」「めまい」といった副作用のリスクがあることを頭に入れておかなければなりません。

 

そのため、プロペシアを服用して上記のような症状が引き起こされた場合は、投与を中止するといった処置を行わなければならず、詳しいことは医師の指示に従うべきです。

 

また、プロペシアの服用だけでは満足のいく男性型脱毛症(AGA)の治療ができないことも多く、長期間に渡って服用すれば副作用に悩まされる確率は高まるので、TOMクリニック美容外科で自毛植毛の施術を受けた方が結果的に薄毛の改善に繋がります。

 

それに、TOMクリニック美容外科では自毛植毛だけではなく、内服薬のプロペシアの処方も実施されており、様々なAGA治療の中から自分に合った方法を選択できるので一度医師の説明を受けてみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 


「自毛植毛のアフターケア」に関するページ